無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > 無職・フリーター向け就職支援サービス > 20代無職なら利用できる就職支援サービスあれこれ

公開日:2016年01月08日 最終更新日:2017年04月06日 

20代無職なら利用できる就職支援サービスあれこれ

あなたが現在無職やフリーターだったとしても、20代ならまだ大丈夫

以下、主に新卒後3年程度以内に離職した第二新卒、既卒、フリーター向けの就職支援サービスを4つ紹介します。

ここで紹介するサービスは、最初にキャリアカウンセラーなどと相談し、あなたの仕事への適性分析から始めるものばかり。

無料で利用できますから、

  • 新卒で入った会社の仕事は自分に合ってなかった
  • 自分がやりたい仕事ってなんだろう

と、あなた自身の適職が分からないときには積極的に利用したいところです。

広告

新卒で就職できなかった場合はどうすれば?

あなたが20代なら、あなたの就職を支援するサービスがいくつかあります。それらに登録し、就職支援を受けながら就職を目指してみてはどうでしょうか。

2017年現在、どちらかといえば人手不足の環境が続いています。今が就職のチャンスです!

もちろん、特別な技術や経験などなくても利用できますよ!(この手のサービスは就職意欲を重視しているので、下手なスキルは持ってないほうが喜ばれます)

なお、就職支援サービスの流れについては無職・フリーターから正社員に!知っておくべき就職支援サービスの活用方法にて紹介しています。

就職支援サービスあれこれ

ハタラクティブ

20代のフリーターや既卒など、未経験者を主な対象にしています。

サービス利用者の43%が就業未経験で、また45%が大卒の既卒者です。1度就業した正社員経験者や、高卒の利用者もいらっしゃいます。

ハタラクティブでは、情報登録後、あなたが指定された場所に出向き、希望職種やあなたという人物に対してカウンセリング・相談などが行われます。言わば、就職コンサルタントと呼べるものです。

自分の力だけでは就職できそうにない、自分の中のもやもやを誰かに話したい、などと思っているときに利用してみる価値があると思います。

運営するレバレジーズ株式会社は、もともとシステムインテグレータ(SI)として誕生した企業です。そこから人材支援に参入し、厚生労働省の若者キャリア応援制度に認定されるに至っています。


フリーターの正社員就職支援

JAIC

就職支援を行うサービスで、20代のフリーターや既卒など、未経験者を主な対象にしています。属性別の利用状況は不明ですが、サービス利用者の約8割以上が就職に至っています。

ハタラクティブとの違いは、最初に複数人を対象とした無料説明会を行い、その後希望者に対して個別の支援という流れになっている点です。

支援を希望しなければ、無料説明会を聞いて帰ることも可能になっています。

仮にサービスを利用した場合、企業への就職支援はもちろん、社会人としてのビジネスマナーを学ぶ機会も設けられています。フリーターなどではなかなか学ぶ機会がありませんので、貴重だと思います。

20代のフリーターや既卒向けのサービスはおよそ10年前から行われており、雑誌やテレビなどでの取材歴もあるようです。

そのような20代をターゲットにする支援サービスとしては、もっとも歴が長いのかもしれません。

なお、面白いことに、先物や投資用不動産など、特定の業界に属する会社へ紹介しないとあります。

たしかに、これらは過酷な営業でしばしば社会問題になりますよね。


フリーター就職・既卒就職なら【JAIC(ジェイック)】 説明会申込

UZUZキャリアセンター(第二新卒ナビ)

就職支援を行うサービスで、20代のフリーターや既卒など、未経験者を主な対象にしています。

ハタラクティブと似ており、個別の支援を行います。面白いことに入社後まで面倒見てくれるそうですが、どのようなサービスなのでしょう?

UZUZキャリアセンターを運営する株式会社UZUZは、記事執筆時(2016年1月8日現在)で社員数16人と小規模な会社です。

その構成メンバーはもともと既卒・第二新卒・フリーターだったそうですから、あなたの心境を理解しやすいのではないでしょうか。

UZUZキャリアセンターの特徴をもう少し詳しくに、少しまとめてみました。


既卒特有の面接ノウハウをマンツーマンでレクチャー!!【UTWO】

若者正社員チャレンジ

あなたが東京都で就職したい場合に利用できる就職支援サービスです。約20日間の企業研修に参加することで、正社員として働くイメージを身につけることができます。

ここまで述べてきた就職支援サービスとの違いは、就職前に研修を受けられる点。もちろん、なんらかの技能を持たなくても参加できます。

研修に参加すると奨励金をもらえるのもメリットです。研修期間中はアルバイト等に参加できないため、その収入源を補うことも可能です。

その代わり、就職場所は東京です。東京都がバックアップするサービスなので、地方では利用できません(地方から東京に出て働きたい場合には利用可能)。

詳しくは若者正社員チャレンジに応募して正規雇用のチャンスを獲得しようを。


学びながら最大10万円支給!若者正社員チャレンジ事業

オススメの就職支援サービスはどれ

最後に紹介した若者正社員チャレンジです。

若者正社員チャレンジは、他の就職支援サービスと異なり、実習を経てあなたが希望すれば採用試験を受けられるというフローを経て、就職に至ります。

実習に行くこと前提になりますが、

  • 企業の内情をあなたの目で確認してから面接を受けられる
  • もし気に食わなければ面接を受けなくても良い
  • 面接のアピールは、あなたの実習の成果をアピールすれば良い

と、あなたにとって有利な点がとても多いのがメリットです。

一方、他の支援サービスはキャリアコンサルタントのアドバイスを聞きながら採用面接を受ける形になります。

企業の実情をチェックできるのは、実際に採用が決まったあとになりますね。

「若者正社員チャレンジ」の欠点は、あなたが東京か首都圏に住んでいないと利用できないことです(研修先が東京の企業になるので)。

あなたが東京かその近辺に在住しているなら、積極的に若者正社員チャレンジに応募してみて欲しいです。

まとめ

以上をまとめると、

  • あなたが無職やフリーターでも20代ならなんとかなる
  • 就職支援サービスの基本的な流れは仕事の適性相談をしてから採用面接
  • オススメは若者正社員チャレンジ。ただし関東近郊限定

です。

ちなみにあなたが現在働いておらず、「正社員としての仕事に自信がないなぁー」と感じるなら、アルバイトから始めるのもオススメです。

NPOが実施する就職支援サービスは、最初は簡単で誰でもやりやすいことから始めるのだそうです。

手軽くアルバイトから始めるか、正社員を目指すか。

あなたはいかがなさいますか?

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

「若者正社員チャレンジ」のこと知ってますか?

東京で正社員になりたい20代フリーターのあなた!「若者正社員チャレンジ」のこと、知っていますか?

若者正社員チャレンジに応募して正規雇用のチャンスを獲得しよう

広告

広告

関連記事

無職・フリーターから正社員に!知っておくべき就職支援サービスの活用方法

[就職支援サービス]

無職・フリーターから正社員に!知っておくべき就職支援サービスの活用方法

既卒・無職やフリーターから正社員を目指すなら知っておきたい就職支援サービスの使い方。無料なのでガンガン使い倒しましょう

UZUZキャリアセンターの特徴をもう少し詳しく

[就職支援サービス]

UZUZキャリアセンターの特徴をもう少し詳しく

元既卒・元第二新卒から構成された異色の就職支援サービス。あなたの気持ちを誰よりも理解してくれるはず

東京しごとセンターで無料の就職・転職支援やキャリアカウンセリングを

[就職支援サービス]

東京しごとセンターで無料の就職・転職支援やキャリアカウンセリングを

東京しごとセンターは、あなたが東京都で就職したいときに利用できる就職・転職支援サービス。テキスト代等を除くと無料で利用できます

若者正社員チャレンジに応募して正規雇用のチャンスを獲得しよう

[就職支援サービス]

若者正社員チャレンジに応募して正規雇用のチャンスを獲得しよう

若者正社員チャレンジは、正社員経験のないあなたを対象とした正規雇用促進サービス。あなたが29歳以下で東京都で働くことを希望するときに利用できます

広告

広告

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- since 2015

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。