無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅある。トップ > 無職からの脱出 > 無職から起業って出来るの?

無職から起業って出来るの?

無職から起業することは可能です。 資本金1円で会社を興せば、あなたも会社社長!人生ばら色!

とうまく行くはずはなく、実際には設立費用やランニングコストがかかります。 相応の売り上げを持たなければ、1年たたずして廃業です。 廃業にもお金がかかるので、たたむにたためない人たちだっていらっしゃるんです。

起業とは、お金儲けを始めるために会社を作ることで、実際どうやって収入を得るかはあなたが考える必要があります。 起業したら人生うまくいくといった話では無いのです。

持っていますか?何か具体的な秘策を。

公開日:2015年09月06日 最終更新日:2016年02月14日 

広告

はじめに

無職から起業して有名社長に! あなたはそのような逆転劇にあこがれますか?

(本当かどうかはともかく)ホームレスから人生を再起し社長になった逸話も存在するほどですから、無理ではないはず。

近年は1円で起業できる環境も整っています。 ここではそんな起業の話を紹介してみます。

起業とは

起業とは新たに事業を興すことです。 起業と言うとたくさんの会社員を抱える上場企業の会社社長になるイメージを抱いているでしょうが、実際には1人や少人数でも、事業を始めればそれは起業です。

法人としての起業を考えた場合、かつては株式会社は資本金1000万円以上という条件があり、敷居の高いものでした。 しかし現在は法改正が進み、資本金1円でも法人を起すことが可能になっています。

個人としての起業を考えた場合、人に使われない自営業という生き方で紹介した、自営業もその1つの形です。

自営業は法人化していないだけで、本質(事業を起すこと)は同じです。 最終的に法人の形態をとるか、個人の形態を取るかの違いです。

誰でも起業できるの?

以下、法人を起す場合の話で進めます(個人の起業は人に使われない自営業という生き方を)。

たしかに、資本金1円の起業は可能になりましたが、実際にはその手続きに結構なお金がかかります

例えば登録免許税の最低税額は15万円です。 会社印の作成も必要で、これも1万円程度の費用がかかります。

設立後もお金がかかります

年間利益が0円の法人でも、法人住民税の支払いが必要です。 東京都の法人住民税は、最低でも年間7万円です。

以上のように、起業と法人設立に伴う出費を考えると、法人としての起業は誰でもできるととは言いがたいのです。

そもそも起業して何をやるの?

重要な点は起業することではなく、起業して何をするかです。

上述の通り、起業そのものは事業を始めることで、その事業が何なのかを考えなくてはいけません。 要するに、起業にはお金儲けの方法を考える必要があります。

しかし、なぜ誰も無職で稼ぐための具体的な方法を教えてくれないのかで触れたとおり、そのお金儲けの具体的な方法を教えてくれる人はいません。 あなた(と協力者)が考えないといけないのです。

「意識の高い」人が起業したいと言いつつも行動できない理由はここにあります。 「起業したい」を口癖にしても、お金を得る方法がわからなければ話は始まりません

起業セミナーなんかに通ってもお金儲けの具体的な方法は教えてくれないのです。

もし事業のネタを持っているならば

あなたがもし、「これは絶対に売れる」というネタを持っているならば、起業は可能です。 その時は、自営業(個人事業主)から始めることをオススメします。

法人化への最も安全なコースは、自営業として既に相応の売り上げを持っている場合です。 自営業で年間1000万程度の売り上げを出せるならば、法人成りすることで最終的な税額が安くできる可能性があります。

無職から法人を立ち上げることと、自営業から法人成りすることで、手続き上の違いなどはありません。 唯一の差異は、事業と売り上げを持っているかどうか、だけです。

まとめ

以上のように、憧れや「人生を変えたい」という願望だけで起業を考えてもうまくいきません。 必要なのは、お金を得る方法です。

おそらく、このページを見ている時点で、あなたは本気の起業は考えていないはずです。 本当に起業したい人は、こういった記事を調べる前に起業する手段を調べ、策を講じているはずだからです。

もし無職の逃げ道として起業を考えているのであれば、最初は自営業から始めるのが妥当です。 法人は廃業にも費用がかかりますが、自営業は役所に廃業届けを出すだけですから。


1万円起業 文庫版――片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法

広告

広告

無職・フリーターになったら?無職・フリーターから抜け出すなら?

私たちが無職になる際によくやってしまう失敗談があります。 また、無職やフリーターになったら人生は終わりだと考えがちです。

しかし、よくある失敗談には手を打つことが出来ますし、無職・フリーターになってもそこからやり直す方法はまだあります(10代・20代なら特に)

10代・20代・30代の無職・フリーターが将来を生き延びる方法では、無職になる前に知っておいて欲しいこと、無職からやり直すときに役立つ事柄をまとめました。

関連記事

サムネイル

[無職からの脱出]

無職からネオニートになる方法

一時期ネットで話題になったネオニートと言う行き方。 その実体は投資家やネット起業そのもので、働かないニートという生き方とはだいぶ異なるものです。

サムネイル

[無職からの脱出]

人に使われない自営業という生き方

もし、あなたが「人に使われたくない生き方」を模索していたり、自分の人生に全ての責任を負う覚悟があるなら、自営業という生き方は悪くありません。 その代わり、何をどうすれば儲かるかなんて誰も教えてくれませんから、楽な生き方ではないのはたしかです。

サムネイル

[アルバイトをするには]

アルバイトの始め方

アルバイトを始めるまでの流れをご紹介します。

サムネイル

[その他コラム]

本当にやりたい仕事はどうやって探す?

「働きたいんだけど、やりたい仕事がない」というセリフは、実は「働きたくない」という言い訳にも使われる言葉です。 それでも生活費を稼ぐことは必要ですから、バイトやパートで最低限の収入を確保するのも悪くないと思います。

サムネイル

[その他コラム]

なぜ誰も無職で稼ぐための具体的な方法を教えてくれないのか

残念ながらネット上には、無職で稼ぐための具体的な方法など出てきません。 だいたい抽象的な話で終わるはずです。その理由とは。

広告

記事書いてる人

運営者情報

フリーランサー気取りのただの非正規雇用。 レジ打ちは(たぶん)天職。

詳しい話は運営者情報から。

このサイトについて

サイトトップ

アラフォーぐらいまでの若年無業者を対象にした就職支援や税金にまつわる情報をまとめたサイトです。

自営業とか不労所得とか友達とかの話もあるよ。

サイトに関するお問い合わせはお問い合わせから。

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- since 2015

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。