無職対策まにゅあるロゴ

無職対策まにゅある。トップ > ひきこもり脱出作戦 > 引きこもりをやめるための方策

引きこもりをやめるための方策

無職対策まにゅあるでは、主に無職になってしまった方が生活を再建する方法や、税金などのコンテンツをまとめています。 無職になる理由は人それぞれで、中には自宅にひきこもってしまった方もご覧になっているかもしれません。

引きこもりの問題には、多くの場合両親が関わっており、その関係構築に何らかの障害がある場合もあります。 場合によっては、両親から物理的に距離を置くことが、社会復帰につながるかもしれません。

あなたの人生を決めるのは、両親や周囲のサポーターではなく、あなた自身です。

弊サイトで示すように、お金を稼ぐ方法は正社員としての仕事を獲得するだけではありません。 あとが無ければ自営すればいいのですから、そこまで深刻に不安を感じる必要はありません。

人生、いまからでもどうとでもなりますって。

公開日:2015年11月08日 最終更新日:2016年04月14日 

広告

はじめに

無職対策まにゅあるでは、主に無職になってしまった方が生活を再建する方法や、税金などのコンテンツをまとめています。 無職になる理由は人それぞれで、中には自宅にひきこもってしまった方もご覧になっているかもしれません。

そこで本コンテンツでは、ひきこもりをやめるための方策をご紹介したいと思います。 本コンテンツがあなたにとってなんらかの手助けになれば大変幸いです。

筆者は一介の非正規雇用者(兼自営業者)に過ぎないため、カウンセリングの現場ではNGとされているような事柄を書いているかもしれません。 あらかじめご了承ください。

親子関係はネガティブに働く?

筆者は雇用に関する社会問題に興味があり、その過程で「働きたいけどひきこもりで働けない」などといったコンテンツを目にすることがあります。 それらを読んでいると、多くのケースでひきこもり当事者と両親の関係がネガティブに働いているケースが多いように感じます。

実は筆者の知人にもひきこもりに近い生活を送っている人がいます。 ひきこもった原因は本人の精神的な問題ですが、その後は親元かそれに近い環境に住み、ほとんど外に出なくなってしまっています。 いずれももともとはアクティブに海外を飛び回っていたり、一人暮らしで仕事をしていた方なので、もともと働けない気質の人達ではなかったのです。

ひきこもると、どうしても生活力がなくなってしまうために、両親や親族との同居が必要になってしまいます。 詳しくは書けませんが、話を聞くとなんだか不自然な親子関係だなーと感じることがあります両親の過干渉、もしくは不自然な無干渉(いわゆるネグレクト)が生じていることが多いようなのです。

両親が過干渉(もしくは不自然な無干渉)なのはなぜか?

筆者は人の親ではないので、あくまで推測ですが、過干渉(もしくは不自然な無干渉)の原因を考えてみました。

なぜ過干渉なのか?

子供が一人っ子や長男・長女の場合、特に母親は子供に手をかけすぎる傾向にあるように思います。 事あるごとに「あなたのためを思って」と言われているかも知れません。

それはそれで愛情の形であり、両親はあなたをもっと良くしたいという意志をもたれている事だと思います。 あなたがひきこもりでなくとも、そのようなご両親をお持ちなら、ご両親のその気持ちを認識してほしいと思います。

しかしながら、「あなたのためを思って」という行為は子供の自己決定権を奪います。 アドラー心理学では、これを課題の分離と表現しており、他人の課題に踏み込むことが対人トラブルの原因になると指摘しています。

弊サイトを閲覧される方の中にも、自分の人生を決めるのに苦労されている方は多いようです。 詳しくは人生は自分で決める。誰かの承認は必要ないをご覧ください。

なぜ無干渉なのか?

こちらは逆に、どのように接すれば良いかわからないケース、もしくは親が親自身を守ろうとしているケースに思えます。

子供同様に、両親自身もまた絶えず成長を続ける人の子ですから、例えば見栄やプライドのような感情的なものを持っています。 自分は優れた人間であるべき他人によく見られたいと考える人間ほど、負の側面を隠す傾向にあるため、自身にとって都合の悪い事実は見ないようにしていくかもしれません。

いずれにせよ、ご両親の行動にはご両親なりの感情的な理由があるはずです。 あなたがあなたの苦悩を理解して欲しいと思うと同じように、ご両親はご両親で両親としての責任や苦悩をあなたに理解してほしいと考えていると思います。

ひきこもりをやめるにはどうする?

さて、あなたがもし、なんらかの危機感を感じていたり、引きこもりをやめたいと思っていたりするなら、何か手を打っていく必要があります。 何かできることはあるでしょうか?

例えば、経営コンサルタントの大前研一さんは、人を変える方法として以下の3つを挙げています。

  • 時間配分を変えること
  • 住む場所を変えること
  • 付き合う人を変えること

実は今のあなたならこの3つ全てを実現可能なのかもしれません(※)。

※最初から大きなことを始める必要はありません。 最初は自室や自宅から出たり、古い知人に連絡を取ってみるなど、そんなもので良いと思います。 重要なのは、行動を始めることなのですから。

時間配分を変える

起きる時間、寝る時間、ご飯の時間、その他もろもろの時間を変える方法です。 これが最も手軽ですよね。

近年、太陽光を浴びないことがうつを招くという研究成果もあります。 特に昼夜逆転生活をしているなら、朝起きてカーテンを開けることがとても大切かもしれません。

住む場所を変える

実は筆者が一番オススメしたいのがこれです。 言ってしまえば、両親との同居をやめる、もしくは両親から支援を受けることをやめることです。

ひきこもりを変えたいと思っていても、正直なところ何か変える理由がなければ何も変わらないと思いませんか。 たとえ働かずともご飯が出てくる生活は、とても心地がよく、そのまま甘え続けたくなります(生活保護者がその生活から脱せないのも同じだと思います)。

ただ、その生活は、両親が働けなくなったとき、もしくは死別した時点で終わりを迎えます。 その時に社会を行きる術を知らなければ、あとは最悪の結果が待つのみです。

一人暮らしをすれば、社会で生きる為のルールや生きるための知恵もついてきます。 もしあなたがご両親との関係で悩んでいるなら、一度離れてみるのも手です。

なお、一人暮らしを始めるには、相応のお金が必要になるため、最初から自助自立して生活するのは難しいです。 最初は公的支援を受けることも視野に入るかもしれません。

付き合う人を変える

毎日両親しか会う人がいない場合、なんだか進展も何も無く、退屈だなーと感じていませんか? たまには会ったことの無い人や、旧友、同じ境遇にある方らとのセミナーなどに参加してみるのはどうでしょうか。

長期の引きこもりの場合、それまで人に接していなかったことが理由で、些細な言葉に傷つきやすかったり、人と話すことすら緊張するかもしれません。 コミュニケーション能力すら使ってないとすぐに退化することにびっくりしますよね。

そのようなときは、おそらく同じ境遇にある方に会うのが良いのかもしれません。

会う人によっては、いろいろネガティブな言葉を言われるかもしれませんが、彼らには彼らなりの人生があるのです。 あなたと同じように、彼らもまた自分を認めてほしく、自分を大切にして欲しいと思っているのです。

他のひきこもりの人はどうやって脱出しているの?

引きこもりを脱出した人には、なんらかのきっかけを元に脱出しているようです。

「困っている」「助けてほしい」がキーワード 日常の小さな危機が引きこもりとその家族を救う! | ダイヤモンドオンライン

40代引きこもり男性が親元から自立するには? 緊張を強いられる生活保護申請の過程 | ダイヤモンドオンライン

42歳男性は16年の引きこもり生活をどう脱したか | ダイヤモンドオンライン

ダイヤモンドオンラインの「引きこもり」するオトナたちは、ジャーナリストの池上正樹氏が執筆しているコンテンツで、多数のひきこもり経験談や社会的背景などが記されています。 もし興味があればご覧いただければと思います。

上記コンテンツを拝読すると、引きこもり当事者が「自身が必要とされている」「自分の役割がある」と感じたことが、引きこもりを脱するきっかけの1つになっているようです。

また、若年無業者白書2014-2015では、支援団体の力を借りて就職を目指すことも示されています。 支援団体には専門知識を有したカウンセラーなどがいらっしゃるでしょうから、きっとあなたの助けになるはずです。

例えば、働き方に悩んだらサポステに行く手もあるよで示した若者サポートステーションは、全国主要都市に設置された就業支援施設で39歳までの若者が利用可能です。 働く為の労働体験や、各種セミナーなどを原則無料で利用できます。

あなたが10代や20代であれば、企業が実施する就職支援サービスを利用するのも1つの手です。 詳しくは、20代無職なら利用できる就職支援サービスあれこれをご覧ください。

毎日繰り返される日常を脱すには大きなエネルギーが必要になります。 大変でしょうが、新たな一歩を踏み出すきっかけを探してみて欲しいです。

まとめ

以上です。

筆者はアドラー心理学を信じているため、「他人に期待しない」「自分は変われる」などと信じて行動するようにしています。 歴史上や現代社会での成功者には、無意識的にアドラーが提唱する生き方を実践している人も多いようです。

なので、このコンテンツもあなたが変わりたいと思うならあなた自身が変わるという視点で書いたつもりです。

私と同じように、あなたも特別な存在でありたいと考えていると思います。

引きこもっていても友達が欲しいですし、悩みを相談したり、どこかに誘い出してもらったりして欲しいですよね。 自分が何もしなくても、いろんな人が集まってきたら、「自分が必要とされている」と感じて嬉しくなりますよね。

でも、実際はそうではないから、みんな悩んでいる。 きっとみんなそうなんだろうと考えたら、筆者は少しだけ人生が変わった気がしました。

最後に、アドラー心理学に基づくと、ひきこもりをやめるかどうかは、あなたが決める問題です。 あなたの人生なのですから、両親や周囲がなんと言おうが、あなたが決めてみましょう

さて、今から何をしますか?

広告

広告

無職・フリーターになったら?無職・フリーターから抜け出すなら?

私たちが無職になる際によくやってしまう失敗談があります。 また、無職やフリーターになったら人生は終わりだと考えがちです。

しかし、よくある失敗談には手を打つことが出来ますし、無職・フリーターになってもそこからやり直す方法はまだあります(10代・20代なら特に)

10代・20代・30代の無職・フリーターが将来を生き延びる方法では、無職になる前に知っておいて欲しいこと、無職からやり直すときに役立つ事柄をまとめました。

関連記事

サムネイル

[ひきこもり脱出作戦]

バイトか正社員か。どちらを選ぶ?

労働時間は短いけど、給与も安いバイトか。それとも労働時間は長いけども、給与も高い正社員か、どちらの働き方を選びますか。 個人的には、自営業をしながら足りない分をバイトやパートで賄うのも悪くないと思っています。 それなら、正社員に比べて働き方を自由にコントロールできるためです。

サムネイル

[ひきこもり脱出作戦]

ひきこもりに適したアルバイトってある?

いくつかのアルバイトは特定の限られた人との接触だけで仕事を進めることができます。 ただ、世の中、いい人もいっぱいいますから、思い切って不特定多数の人と接触するアルバイトに応募してみるのも良いと思います。

サムネイル

[ひきこもり脱出作戦]

バイトの履歴書ってどう書く?

ひきこもっていたとしても、実情は書いてよいと筆者は思います。 採用側が気にするのは、「採用後にうまくやっていけるか」という点ですから、なるべくポジティブな方向でまとめたほうが良いと思います。

サムネイル

[ひきこもり脱出作戦]

バイト応募時の電話のかけ方

バイトやパートに応募する方法と、その際に必要となる電話のかけ方をご紹介します。 電話でのやりとりは、筆者の実体験をもとに作っています。

サムネイル

[ひきこもり脱出作戦]

バイト応募から面接までの流れ

電話やアルバイト情報サイトを通じてバイトに応募してから、実際面接を行うまでの流れをご紹介します。

サムネイル

[ひきこもり脱出作戦]

ひきこもりが将来の生活に備える方法

合法的な方法でお金を稼ぐことが出来れば、将来の問題は解決もしくは軽減することができます。 辛いときもあるでしょうが、一人で抱え込まず、ご家族か友人などにご相談することも忘れないでください。

サムネイル

[ひきこもり脱出作戦]

働き方に悩んだらサポステに行く手もあるよ

働きたいけどどうすれば良いかわからない、といったときに利用したいのがサポステです。 キャリアコンサルタントの相談やセミナーなどを通じて就職支援を行う、国の若者支援事業です。 利用は原則無料で、任意での自由参加ですから、例えばパソコン講座のタイミングにあわせて行くといった使い方も良いかもしれませんね。

サムネイル

[無職からの脱出]

社会復帰の為に知っておくと良いこと

やがて無職から社会に復帰する為に、いくつか知っておくと気が楽になることをまとめました。 簡単にまとめると、無職なのはあなただけではないこと、そしてあなたを支援する団体も存在することです。

サムネイル

[その他コラム]

あの人が頑張る理由は何か?

人は何故頑張るのか、なぜ生きるのかという難しいテーマでいろいろ書いてみました。 結局のところ、各個人の頑張る目的の有無が大きいようにも思えます。

サムネイル

[その他コラム]

人付き合いの苦手なあなたへ。彼らは一体何を考えているのか

人の全ての行動には、必ずなんらかの理由があります。あなたが理解できない行動をとる彼らは、彼らなりの考えや意図があってその行動をとっているのです。

サムネイル

[その他コラム]

人生は自分で決める。誰かの承認は必要ない

私たちが自分の人生を決めるための決断力を持つには、自分で物事を決める経験を積んで行くしかありません。 私たちは皆が千差万別な人生を送っていますから、誰にも当てはまる都合の良いマニュアルなど存在しないのです。

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- since 2015

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。