無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

自営業者として生きる方法

意外と知らない自営業者として生きる方法をご紹介します。 自営業と言うとちょっと古臭いかもしれませんが、個人事業主やフリーランス、自由業もまたこのカテゴリに属します。

自営業とは法律的な区分の1つに過ぎず、その働き方は千差万別です。 ゆえにこの世界での稼ぎ方もまた千差万別です。

自営業は個人的なレベルでの起業と同じです。 何かアイディアを持っていて、それを実行できることが強みです。

公開日:2015年12月19日 最終更新日:2016年03月13日 

広告

コンテンツリスト

会社員と自営業。どちらを選ぶ?

サムネイル

[自営業者として生きる方法]

会社員と自営業。どちらを選ぶ?

会社員と自営業、どちらに親和性を感じるかは、あなた個人の特性に依存します。 自助努力で生きたいとお考えならフリーランスが、受動的でリスクをとりたくないのであれば、会社員のほうが生きやすいはずです。

自営業になるには

サムネイル

[自営業者として生きる方法]

自営業になるには

自営業者になるには、税務署に開業届を出すです。誰でもなれる職業の1つと言えます。 自営業とはあくまで法律上の職業の区分でしかなく、実際の仕事の内容は多岐に渡ります。 どのような仕事をして、どこから案件を取ってくるかは、あなたが考えなければいけません。

無職から自営業になるビジネスモデルとは

サムネイル

[自営業者として生きる方法]

無職から自営業になるビジネスモデルとは

コネの無い無職から自営業者として活動する場合、インターネットというインフラを有効活用していく必要があります。 近年はクラウドソーシングのようなマッチングサービスも普及しつつあり、それを通じて仕事を取ることも可能になってきました。

自営業者が将来に備える方法

サムネイル

[自営業者として生きる方法]

自営業者が将来に備える方法

自営業者の悩みの種は将来への備えです。 直近での売り上げが継続するかどうか、そして将来年金をきちんと受給できるか、などがあると思います。 本記事では主に将来の備え、年金などについて触れたいと思います。

自営業・自由業の所得と年金支給額はどうなってるの?

サムネイル

[自営業者として生きる方法]

自営業・自由業の所得と年金支給額はどうなってるの?

総務省の統計などをベースに、自営業者の売り上げや所得などをまとめました。 かなり乱暴にまとめれば、自営業者の事業では年間500~1,600万円程度売り上げており、一人当たりの所得は300万円ほどになるようです。

個人型確定拠出年金を利用するには

サムネイル

[自営業者として生きる方法]

個人型確定拠出年金を利用するには

自営業やフリーランスで活動する人達は、個人型確定拠出年金(401k)を利用して、自分の年金を作ることが出来ます。 無職やフリーターであっても、401kを利用することができますが、国民年金の免除をしておらず、適切に払っていることが加入への条件です。

自営業に向いている人。向いていない人

詳しくは会社員と自営業。どちらを選ぶ?をご覧になって欲しいですが、自営業に向いているのは自分で仕事を考え、自分で動ける人です。 いわゆる指示待ち人間にとって、自営の道は困難を極めるはずです。

なぜ誰も無職で稼ぐための具体的な方法を教えてくれないの?で示したように、今利益が出ている分野を手とり足とり教えてくれる奇特な人は存在しません。 自営業、フリーランスといった肩書きでやっていくならば、どんな商材が稼げるのかを自分で考える必要があります。

それでも自営業を始めますか?

広告

広告

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- since 2015

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。