無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅある。トップ > アルバイトをするには > アルバイトを始める不安を克服しよう。働くハードルは高くない

アルバイトを始める不安を克服しよう。働くハードルは高くない

バイトを始めることに不安を感じる方がいらっしゃいます。 仕事場が家庭と違って未知の空間だからかもしれません。 「酷くおこられた」なんて書き込みを見た日には「やっぱりやめよう」と思っちゃいますよね。

そこで以下では、正社員を含む仕事場の雰囲気を伝えることを目的に、あなたが不安に思いそうなこと3点をまとめてみました。

  • 仕事場って怖いとこなの?
  • 仕事をやってて困ったらどうすれば?
  • 仕事で怒られることってある?

全ての職場が記述のようであるとは保証できませんが、仕事(特にバイト)はそこまでハードルの高いものではないことも是非知っておいて欲しいのです。

あなたの応募を待っている人達がいるのは事実です。 どうか、あなたの力で彼ら彼女らを助けてあげてください。

公開日:2016年02月18日 最終更新日:2016年02月18日 

広告

はじめに

バイトを始めたいけど、始めることに不安を感じてしまい動けない方がいらっしゃるようです。 働けない若者たちの特性をまとめた若年無業者白書2014-2015においても、彼らの特徴として、不安が強いこと失敗を極度に恐れることがデータとして示されています。

あなたもその一人かもしれませんね。

バイトを始めることに恐怖感を感じるのは、仕事場が家庭と違って未知の空間だからかもしれません。 匿名掲示板などで「酷く怒られた」なんて書き込みを見た日には、「働くなんてやっぱりやめよう」と思っちゃいますよね。

そこで以下では、正社員を含む仕事場の雰囲気を伝えることを目的に、あなたが不安に思いそうなこと3点をまとめてみました。

  • 仕事場って怖いとこなの?
  • 仕事をやってて困ったらどうすれば?
  • 仕事で怒られることってある?

職場って怖い?

「仕事」と言うと、なんだか普段の生活とは違うもののイメージを抱いているかもしれませんが、そんなことはありません。 職場の雰囲気にもよるものの、仕事は家庭や友人の延長だと思って良いと思います。

例えば、筆者がアルバイトしていた店舗では、筆者が行くといつも笑顔で迎え入れてくれます。 時には飲み物をご馳走していただいて、雑談というか、休憩というか、サボり?というか、そういう時間を設けてくれます。

いつも忙しくされているのに、わざわざ時間をとって「最近調子はどうだ?」と声をかけてくれるのです。

また、これはバイトではありませんが、筆者の知人に前日飲みすぎて、翌日有給休暇を使って休んだりしている方もいらっしゃいます。 それでも、その職場では笑って許されるそうです。

その方は、中間管理職についていらっしゃいます。

このように、職場の雰囲気には働いている方の年齢層や趣向が大きく効いてきます。 ネットでネタになるような、いつもピリピリして、何かあるたびに上司が怒鳴り散らすような職場ばかりではないのです。

地方部のパート職など、ほとんど中高年が占めています。 彼らにとって見れば、10~30代なんてかわいい子供のような存在に見えていると思います。

もちろん彼らにも両親がいて、子供がいたりするわけです。

職場はすごく怖く、働くためのハードルが高いように感じられますが、実際はこんなもんです。 あなたが知らないだけで、緩い職場はとことん緩いです。

困ったら助けを呼べ!

筆者が知る限り、どの職場でも仕事中に何か困ったことがあったら即座に相談することが推奨されていました。 わからないことなどがあれば、すぐに助けを求めてください。

助けを求めることは恥ずかしいことではありません。 お互いが円滑に仕事を進めるために必要なことです。

それでも恥ずかしい、みっともないと思うのでしたら、助けを求めるときにはこう考えて見ましょう。 「あなたの優しさで相手に恩を作らせてあげる」のです。

人は大抵「自分のことを頼りにして欲しい」と思っています。 声を掛けてあげれば「仕方ないなぁ」といいつつ助けてくれるものです。

もちろん出世払いで良いので、あとで恩返しすることも忘れないでくださいね!

なお、特に男性は仕事中みんな怖そうな顔をしていますが、もともとそういう顔なので、怖いと思わずに声を掛けてください笑 無表情って意外と怖そうな顔に見えるんです。

バイトって怒られる?

上述のように緩い職場であっても、もちろん仕事ですから、時には怒られる場合はあります。 怒られるというよりも、間違った行為を戒めるのが本来の目的です。

例えば適切なタイミングで報告を怠ったという場合ですよね。 こういう事態を避けたいなら、仕事中はメモを欠かさず行うようオススメします。

言われたことを適切にメモし、きちんとこなしていれば、怒られることはないはずです。

人格否定を行う職場に注意

注意すべきは、行為を戒めるのではなく、理由もなく怒鳴り、人格否定をするなど、罵倒してくる場合です。

よく怒鳴り散らしている人は、行為を戒めるより、単に本人のストレス発散や自身の優位性をアピールする目的で怒っている可能性があります。 このような人間がいる職場からは早々に辞めることをオススメします。

アドラー心理学では、人は目的を果たす為に感情を使うと考えられています。

上述のように、叱ることとは間違った行為を戒めるのが目的です。 ですが、その中に人格否定のような言葉が出てくるのであれば、叱っている側の権力を示すことが目的になっている可能性が高いのです。

いわゆるパワハラです。

もしアルバイトを始めた職場でこのような体験を繰り返すならば、その職場はさっさとやめてください。 そのような職場にわざわざ身をおく必要はありません。

アルバイトは緩い雇用関係ですから、辞めたいときにはすぐに退職できるのが利点です。 退職に際して雇用側が文句を言うのであれば、両親を通じて、労働基準監督署などに相談してみてください。

まとめ

少しはあなたの不安な点の解消に役立ったでしょうか。

ネットでは仕事はハードルの高いことのように語られるのですが、実際にはそんなことはありません。 職場に集まって働く人達は、あなたと同じように誰かの子供であり、そして誰かの親であったりするのです。

きっとあなたが将来働く職場の人達もみんなとても良い人です。

筆者が知る職場の方々は、みんな毎日一生懸命働いていらっしゃいます。 「誰か入ってくれたら嬉しい」といつも口癖のようにおっしゃっています。

そんな彼らや彼女らの元に、あなたが勤めることができればきっと喜ばれるはずです。

おそらくそのような職場は日本全国にあります。 どうか、人手不足の職場を助けてあげてください。

あなたの力が必要です。

あなたの行動が、みんなを幸せにできることを願っています。

広告

広告

無職・フリーターになったら?無職・フリーターから抜け出すなら?

私たちが無職になる際によくやってしまう失敗談があります。 また、無職やフリーターになったら人生は終わりだと考えがちです。

しかし、よくある失敗談には手を打つことが出来ますし、無職・フリーターになってもそこからやり直す方法はまだあります(10代・20代なら特に)

10代・20代・30代の無職・フリーターが将来を生き延びる方法では、無職になる前に知っておいて欲しいこと、無職からやり直すときに役立つ事柄をまとめました。

関連記事

サムネイル

[アルバイトをするには]

アルバイトの始め方

アルバイトを始めるまでの流れをご紹介します。

サムネイル

[アルバイトをするには]

アルバイトを始めたい。どの情報サイト使う?

近年はアルバイトの情報サイトが非常に充実しています。 好時給のバイトやパートから正社員の登用制度のアルバイトなど、自由に検索できるのが特徴です。

サムネイル

[アルバイトをするには]

アルバイトって怖い?などよくある質問集

アルバイトといえど、みんな最初は不安に思いますし、お金を間違えたらどうしようとか、怒られたらどうしようと思っています。 仕事中は、メモ帳や筆記用具を必ず携帯してください。 適切なタイミングでメモをとって作業を覚えていけば、覚えの悪さで怒られることは防げます。

サムネイル

[無職からの脱出]

あなたが社会に貢献する方法

社会に貢献する最も簡単な方法はお金を稼ぐことです。 たくさんお金を稼ぐことが日本の発展に直結します。

サムネイル

[レジバイトの体験談]

スーパーでアルバイトするメリットって何?

スーパーを含む、小売業でのアルバイトをするメリットは、「相手が何を考え、何を求めているかを推測し、それに対してあなたが的確な答えを提供する」という経験が出来ること。 営業力と呼んでよいと思います。

サムネイル

[レジバイトの体験談]

レジのバイトって大変?

個人的にオススメしたいのがスーパーのレジのバイト。 立ち仕事でちょっと大変ですが、最近のPOSレジならお金を間違うことも少なく、コミュニケーション能力を高めることが可能です。

サムネイル

[ひきこもり脱出作戦]

バイトの履歴書ってどう書く?

履歴書の書き方を簡単にご紹介します。 志望動機のテンプレは用意していませんが、筆者が考える書いたほうが良い事柄などをまとめました。

サムネイル

[ひきこもり脱出作戦]

バイトやパートの応募の仕方

バイトやパートに応募する方法と、その際に必要となる電話のかけ方をご紹介します。 電話でのやりとりは、筆者の実体験をもとに作っています。

サムネイル

[ひきこもり脱出作戦]

働き方に悩んだらサポステに行く手もあるよ

働きたいけどどうすれば良いかわからない、といったときに利用したいのがサポステです。 キャリアコンサルタントの相談やセミナーなどを通じて就職支援を行う、国の若者支援事業です。 利用は原則無料で、任意での自由参加ですから、例えばパソコン講座のタイミングにあわせて行くといった使い方も良いかもしれませんね。

サムネイル

[その他コラム]

人付き合いの苦手なあなたへ。彼らは一体何を考えているのか

人の全ての行動には、必ずなんらかの理由があります。あなたが理解できない行動をとる彼らは、彼らなりの考えや意図があってその行動をとっているのです。

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- since 2015

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。