無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅある。トップ > アルバイトをするには > アルバイトの体験談 > 日雇いのバイトってどう?みんなの体験談聞いてみた

ワーキングスペース

ワーキングスペース from ぱくたそ様

日雇いのバイトってどう?みんなの体験談聞いてみた

日雇いのアルバイトは即金性や高額報酬が魅力です。 工場内の軽作業や交通量調査など、特別なスキル無く出来る仕事も多いのが特徴です。

日雇いアルバイトのデメリットは、自分自身の体が資本になるため、長期的に継続するならばどうしても体力勝負になってくる点です。 緊急でお金をつなぐ目的であればどなたでも出来ると思いますが、例えば1年や2年といった期間で日雇いバイトを続けて行くつもりなら、それは少し考えたほうが良いと思います。

フリーターとして生きていくことは可能かで示したように、フリーターで生き続けるのも、それはそれで難しいのです。

公開日:2016年06月15日 最終更新日:2016年06月15日 

スポンサーリンク

はじめに

クラウドソーシングを利用し、匿名のライターのみなさんに日雇いに関するバイトの体験談を募ってみました。 アルバイト選びで困っていましたら、参考になさってみてください。

記事は趣旨は変わらないよう注意しつつ、表現などを変更しています。

日雇いアルバイトの体験談あれこれ

交通量調査のアルバイト

日雇いのバイトの中でも一番割がよかったのが交通量調査員のアルバイトです。 大学でバイト募集のチラシを配っていて、友人5人と応募してみました。

日給で場所にもよりますが一番良かったところで、とある商店街の一角で1日12000円でした。 自分で簡易的な椅子を持ち込み、そこを通る自動車や歩行者、自転車の数を専用の機械でポチポチとカウントしていきます。

車種や車格によって押すボタンが異なり、大型車、普通車、軽自動車、二輪車などを計測しました。

誰でも簡単にできる仕事で高収入を得ることができます。 私たちは3人一組でやっていたのですが、おしゃべりしながら気楽にできる仕事でした。

デメリットは、周辺に何もないような県道や国道で計測することもあり、この場合トイレの確保が大変でした。 交通量調査員は長い時間拘束されるので、特に女性の場合は大変です。

また、春や秋など過ごしやすい季節での交通量調査員はいいのですが、夏や冬などの季節は酷です。 座ってずっと仕事をするので、暑い日や寒い日は飲み物を用意したり、日差しを避けるようなものを取り入れたり、防寒したりと何らかの対策が必要です。

工場内で軽作業を行うアルバイト

主に工場内の軽作業に関する日雇いアルバイトをしてきました。

ある工場では、冷蔵庫に使う金属プレート表面についた埃や傷を、特殊な溶剤を使って拭っていく作業をしました。 同じ作業が続くので少し辛かったのですが、重たい金属プレートを他のスタッフとの共同作業で検品していくので、話が合うスタッフがいる日は気分的に少し楽でした。

別の工場では、発送される商品の詰め込み作業をしていました。 規定の商品に対応する段ボールの組み立て、商品の箱詰め梱包作業、客先に送付するためにパレットに積み上げる作業までを担当していました。 社員一人と日雇い一人でやっていましたので、比較的自分のペースで仕事ができたので働きやすかったですが、箱に入れる商品の数を違えてしまうと、梱包済みの段ボール全てを調べなおさなければいけないため、気を抜けない現場でした。

他には、日雇いによくある引越し作業(引っ越し体験は力仕事のバイトってどう?みんなの体験談聞いてみたにもあります)も経験しました。 日によって現場の数が違い、回る現場数が多い日はさすがに体力的にきつかったですが、社員の方のフォローが良かったのと、その分手当がついていたのでありがたかったです。

ただ、引越しの荷物運びの時に体力を消耗するのはもちろんのこと、傷をつけてはいけないという精神的なプレッシャーも大きかったです。

どの日雇いも、自分の働きたい日にあわせて派遣のシフトを組んでもらえていたので、プライベートを優先できました。

まとめ

以上です。

筆者も大学生の頃は何度か日雇いのアルバイトをした経験があります(短期バイトを始めるにはどうすればいいの?)。 上記体験談と同じで、筆者も話が出来る友人たちと参加したため、どちらかというと和気藹々といった雰囲気でのバイトになったと思います。

一方、他の日雇いアルバイト経験者が指摘するように、あえて人間関係を作ることを避けるために参加している方もいらっしゃるようです。 どのような人達が集まっているかは現場に行ってみないと分かりませんが、人と話せないからバイトが出来ないといった心配は持つ必要はなさそうです。

日雇いアルバイトは、場合によっては当日収入を得られるなどの即金性が魅力的です。 収入不足で生活の危機を迎えている場合には強い味方になると思います。

一方、どうしても日雇いのアルバイトは都市部で多い傾向にあります。 地方の田舎町では、日雇いで生活をつなぐのは難しいようにも思います。

一発奮起して、東京や大阪など、比較的募集の多い地域に移動するのも一つの手なのかもしれません。

なお、日雇いの仕事を探すなら短期バイトを始めるにはどうすればいいの?で紹介しているショットワークスなどで探してみてはいかがでしょうか。

広告

広告

関連記事

サムネイル

[アルバイトをするには]

おすすめのアルバイトって何?みんなに聞いてみた

皆が思うお勧めのアルバイトをご紹介します。元ネタはクラウドソーシングで募集を行ったものです。

サムネイル

[アルバイトをするには]

コンビニバイトってどう?みんなの体験談聞いてみた

アルバイトの定番、コンビニバイト。覚えることは多いのですが、一度慣れてしまえば楽なようです。 夜間は給与は増額しますが、招かざる客が来店することもある模様。

サムネイル

[アルバイトをするには]

単発・短期バイトってどう?みんなの体験談聞いてみた

当日お金が貰えることもある単発・短期バイトは、短期間にお金を稼ぎたい方に人気があります。 仕事内容はピンきりで、特にアイドルのコンサートなど、人が殺到するようなイベントの仕事は大変そうです。。

サムネイル

[アルバイトをするには]

アルバイトの始め方

アルバイトを始めるまでの流れをご紹介します。

サムネイル

[アルバイトをするには]

短期バイトを始めるにはどうすればいいの?

あなたが無職で明日あさっての生活費にも困窮しているならば、短期・単発バイトは生活補填の有力な候補です。 情報サイトを利用して、誰でも短期・単発バイトを始めることができます。

スポンサーリンク

記事書いてる人

運営者情報

フリーランサー気取りのただの非正規雇用。 レジ打ちは(たぶん)天職。

詳しい話は運営者情報から。

このサイトについて

サイトトップ

アラフォーぐらいまでの若年無業者を対象にした就職支援や税金にまつわる情報をまとめたサイトです。

自営業とか不労所得とか友達とかの話もあるよ。

サイトに関するお問い合わせはお問い合わせから。

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- since 2015

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。