無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > 無職・フリーター向け就職支援サービス > 第二新卒エージェントNeoにインタビュー!フリーター・ニートの就職支援について教えていただきました!

公開日:2017年12月01日 最終更新日:2017年12月01日 

第二新卒エージェントNeoにインタビュー!フリーター・ニートの就職支援について教えていただきました!

第二新卒エージェントNeo@株式会社ネオキャリア

2017年10月25日、筆者はあなたの正社員就職を支援している「第二新卒エージェントNeo(運営企業:株式会社ネオキャリア)」に取材に行ってきました!


第二新卒AGENTneo(公式サイト)

今回、サービスの紹介をしてくださったのは

  • 就職アドバイザー:宮下様
  • マーケッター:保宗様

のお二方。お忙しい中にありがとうございます!

サービス名に「第二新卒(新卒就職後3年以内に転職したい人のこと)」との名前がついていますが、第二新卒エージェントNeoでは28歳までの若者を「第二新卒」と定義しており、高校卒業後の18~28歳で、

  • 現在ニートやフリーターの方(学歴不問なので、既卒や大学中退でもOK!)
  • もしくは既に正社員として働いているが、転職を考えている方

が利用できるサービスです。

例えば、「高卒後に7年間フリーターした方が正社員就職を目指して第二新卒エージェントNeoを利用される」ということもあるそうです。あなたがニートやフリーターで、これから正社員への就職を考えているならば、要チェックなサービスの1つです!

ちなみに、第二新卒エージェントNeoでご活躍されているアドバイザーの方は、第二新卒の方も多いとのこと。きっと、現在のあなたの心境をわかってくれるはずです。

関連記事:第二新卒エージェントneoで就職!未経験から正社員を勝ち取ろう!

広告

様々な就職支援サービスに対する第二新卒エージェントNeoの強み

―――フリーターやニートの正社員就職を支援するサービスってたくさんありますが、その中で第二新卒エージェントNeoを利用するメリット・強みはなんでしょうか。

(宮下様)強みと言うと、就職するまでのスピード支援の質について強く意識しています。 求人の量では大手転職サイトには勝てないと思うので。

(宮下様)求職者様(あなた)が第二新卒エージェントNeoに来ていただいてから、本当に早い人は1週間、だいたい2~3週間ぐらいで正社員就職が決まる人も多いので、スピード感を持ってご支援できています。

(宮下様)支援の質で言うと、一人当たりにかける時間も意識はしていて、初回面談で2時間、そこから追加面談や選考対策でも求職者さん(あなた)と直接お会いし、信頼関係を構築しながら選考通過の対策をレクチャーする方法をとっています。

(宮下様)ですので、一人あたりを対面でサポートする時間として、5~10時間ぐらい会うような方針で進めています。

―――5~10時間も会うのですね

(宮下様)はい。支援の質や会う時間を強く意識して支援させていただいています。

(保宗様)他の転職サイトだと20分程度話してヒアリングを終わらせてしまうところもありますね。職務経歴書などをウェブから登録していて、ちょっと確認していて、内容があっていればそのまま求人紹介みたいな。

(保宗様)なので「初回2時間」というと、驚かれることが多いですね。

(保宗様)あとは書類の添削ですかね。「就職活動の方法がわからない」といってお越しになる方も多いので、書類添削についてもキャリアアドバイザーが1対1で支援させていただく、という形になっています。

第二新卒エージェントNeoを利用している人の特徴

―――利用者の中で、働いている方とフリーター・ニートの方の比率ってどのぐらいなんですか。転職目的で御社を利用されている方と、就職したことなくて、これから就職したい方の割合です

(保宗様)4月や10月は、ちょうど会社の前期・後期とキリの良いタイミングなのでだいたい半分ぐらい。あとは未就業、一回も就職したことのない人の利用者が7割ぐらいです。

―――フリーターやニートの方のほうが多いのですね

(保宗様)はい。求人についても、いろんな方に紹介できるものをご用意していますので、就業経験が無くてもウェルカムですね。

第二新卒エージェントNeoが就職支援可能な地域と業種

―――就職支援が可能な地域と職種について教えてください

(保宗様)関東と関西での就職をサポートできます。関東から関西、逆に関西から関東への就職もサポート可能です。

(保宗様)地方から関東・関西への就職を希望される方は、在住がどこであれ、お電話やメールでの支援も行っています

(保宗様)選考時に来ていただく形になるのですが、それ以外ではあまり移動がなくても良いように、メールで求人をお送りさせていただいたり、お電話でサポートさせていただいたりしております。

(保宗様)2017年時点で、地方への就職は支援できないです。全国転勤の求人もあったりするのですが、「この地域の求人をいっぱい出してください」と地方の都道府県を言われても、お出しできないことが多いです。

(保宗様)ただ、サポート地域は順次拡大中なので、今後増やす予定はあります。

(宮下様)支援の実績で多いのが営業・販売・サービス。名前は知られてなくても良い会社、優良企業のご紹介をしていきます。

(宮下様)第二新卒の方々は経歴やスキルはあまり持ってはいないので、専門性が求められるところへの就職は若干難しい。ですので、そこに行くためには「じゃあこうやって力をつけていこうよ」という提案はさせていただいております。

―――「営業職はイヤだ」って言う方いませんか?

(宮下様)いますけども、営業のイメージって投資用不動産で電話をばんばんかけるとか、飛び込みでインターホンをピンポンピンポンって鳴らすとか、そういうイメージをしている方が多いので、「いや、そうじゃないよ」という話はしっかりしています。

(宮下様)働いていないと知らないことも多いので、「ここはこうなんだよ」と導いてあげるのもカウンセラーの役目かな、と思っております。

第二新卒エージェントNeoを利用した場合の就職支援の進み方

―――就職支援の進め方について教えてください。

初回面談時までに用意できると良いもの

(宮下様)はい。履歴書(と職務経歴書)があればお持ちください。ただ、実際には持ってきていただけると方とそうでない方で半々ぐらいなので、履歴書に何を書けばよいかわからないなら、一緒に作っていくことになります。

――― 履歴書と職務経歴書がなくても大丈夫なのですね

(宮下様)はい。一緒に作成もしますので、 履歴書と職務経歴書は無くても大丈夫です。

(保宗様)持って来ていただける場合で、正社員経験の無い方は履歴書のみで大丈夫です。

就職支援の大まかな流れ

――― 就職が決まるまでの流れを教えてください。

(宮下様)初回面談が2時間。追加で面談していくこともあります。

(宮下様)選考の対策は僕みたいなキャリアアドバイザーとも対策を一緒にやるんですけども、弊社は(あなたの就職先の候補となる)企業さんごとに営業担当がおりまして、その営業担当にも選考の対策に参加していただいて、企業ごとの対策を行います。

(宮下様)例えば、「この企業はこういう企業だよ」とか「面接ではこういうことを聞かれやすいよ」とか「こういう考えの人が採用されているよ」などを一緒に考えたりもしています。

(宮下様)その対策を繰り返して、5時間か10時間ぐらいかけて内定を取りに行く、ということをやっていますね。

――― 就職先が決まるまでは1ヶ月以内で?

(宮下様)そうですね。1ヶ月以内で。

(保宗様)就職が決まるまでに3ヶ月から6ヶ月というところもあるので。弊社はスピードも速いと思います。

支援の日程の進め方

―――支援の日程の進め方はどのようになりますか?例えば1週間に1日会うのか?2週間に1日会うのか、など

(宮下様)例えば、月曜日に初回面談2時間やったとしたら、日程取れる方であれば、その週にもう一回来てもらうこともあります。求職者様(あなた)と信頼関係を結ぶ必要もありますし、スピーディに選考を進めたいという方も多いので。

(宮下様)今日も昨日面談した3名とまた会ったりして。

(保宗様)第二新卒という募集って、少人数の募集が多いんですよね。企業さんが成長の段階で、あと1人だけ欲しいとか。

(保宗様)ですので、もし「この企業に就職したいな」と思ったときに、少し考えているうちに充足して募集が締め切られることもあるので、 求職者さん(あなた)の後悔が無いように、スピード感を持ってサポートしていただく形をとらせていただいています。

初回面談ではどんなことを話す?

―――初回面談の2時間はどのようなお話をされますか

(宮下様)そうですね。弊社とサービスのご案内、その後は求職者さん(あなた)の現在のご状況と、過去のこと、未来のことを軸にお伺いさせていただいています

(宮下様)初回面談の日に、求職者さん(あなた)の適性に基づいて、企業さんの紹介も行ってしまっています。「気になった企業あった?」というお話とか、応募してみたい企業の話もします。もちろん質問も受け付けさせていただいています。できれば、「この企業に応募したいです」といったところまで行きます。

―――初回面談で企業の紹介も受けられるのですね。何社ぐらい紹介していただけるのでしょうか

(宮下様)ご紹介する企業は約12~15社です。

―――求職者様(あなた)に紹介される企業はどのように選ばれるのですか

(宮下様) 求職者様(あなた)の思考に合わせて紹介しています。例えば、「販売をやりたい」であれば販売の企業さんとか、可能性を広げるために、もうちょっと違うジャンルの仕事を提案したりとか。

(宮下様)弊社が取引している企業は約1万社ありますので、その中から向いてそうだと思う企業を紹介させていただいています。

―――求人企業の状況も「今すぐ採用したい」なのか、「いい人がいれば採用したい」で違うと思うのですが

(保宗様)正直、両方ありますし、求職者様もすぐに就職したい方もいれば、3ヵ月後や6ヶ月後に就職したい方など、いろんな方がいらっしゃるので、双方の話を聞いて進めます。

(保宗様)求職者様で「この企業に行きたい」という方がいらっしゃれば、弊社から企業さん側に、「御社を希望する方が来たので」とご紹介させていただくこともあるので、今募集をかけていなかったとしてもアプローチをかけることもできます。

「やりたい仕事がない」人への就職支援はどうする?

―――「やりたい仕事」が明確でない方って多いと思います。「働かなければいけないけども、具体的にどの仕事をすれば良いかがわからない」と考える方に対して、どのようなアドバイスをされているか教えてください

(宮下様)はい、やりたい仕事があって来ている方ってほぼいなくて、「どうすればいいですか」って人がほとんどですね。

(宮下様)「自分には何が向いているんですか」と仰る方も多いので、例えば過去の話などから適性を判断しています。あとは「将来、こういう自分になりたいです」ところから逆算して、「それならこういう企業はどうですか」とご提案させていただいています。

―――職業への適性検査などはされますか

(宮下様)いえ、適性検査は行わず、カウンセラーと話し込んで、過去のこと、現在のこと、未来のことから判断をして、ご提案させていただいております。

―――「将来、こういう自分になりたい」というのは、具体的にはどのようなことを言われますか

(宮下様)分かりやすい例でいうと、「社長になりたいです」というのもありますし、「家族を持って、家や車を持って」という、いわゆる普通な夢を仰る方もいらっしゃいます。であれば、「こういう仕事をして、こういうキャリアを積んでいきましょう」と話しています。

―――「家を建てて、車を持ちたい」という方に紹介する仕事はどんな仕事を

(宮下様)その方の適性などと「将来への思い」で判断します。例えば、エンジニア気質の方に営業の仕事は紹介しないですし。

(将来の夢は)「将来そうなるためには、じゃあ、こういう風に頑張ろうぜ」という方に使います。「家を建てたいから、営業」とかではないですね。「家を建てたいなら、今正社員を目指して頑張ろう」と考えを導いてあげるようにしています。

「正社員としての経歴やスキルがない」と考える人への支援はどうする?

―――「正社員として働くスキルが無いから働けない」とか「働くことが怖い」と考えている人って多いと思うのですが、そのような人にはどのようなアドバイスをされていますか

(宮下様)はい、弊社では、未経験でスキルや学歴がなくても、「今頑張るぞ」という気持ちがあれば評価をする企業さんを取り揃えているので、「気持ちの部分を持ってやっていきましょう」と訴えかけています。

―――具体的に「スキルがない」と考えていた方を支援したエピソードってありますか。あれば教えてください

(宮下様)最近お礼メールを貰った話でいうと、27歳の男性で、大学を中退したんですよ。その後ずっとフリーター。

(宮下様)人としてすごく真面目な良い方で、「スキルも学歴もないし、こんな経歴で就職できますか」からスタートして、「あなたにはこういう良いところがあるので、営業で勝負しましょう」と。

(宮下様)その後、社員数が50名ぐらいの住宅メーカーさんに入社が決まりました。本当に自分の経歴などに自信を持てなかったんですけども、「こういう良いところがあるので」という話ができて、正社員として頑張っています。

(宮下様)この間、「すごく良い企業さんを紹介していただいて、ありがとうございました」とメールを頂いて、良い貢献ができたのかな、と感じました。

―――「正社員の職歴がないからダメだ」と仰る企業はありませんか

(宮下様)弊社で取引している企業は、そこはあまり見なくて、今の就業意欲とか、「がんばるぞ」というところを一番見るので。ほんとにそこだけあれば、弊社に来ていただければなんとかなります。

気になる面接対策の方法

第二新卒エージェントNeoのカウンセリングルーム@株式会社ネオキャリア

カウンセラーさんとお話しするカウンセリングルーム

「面接で何を話すか」をどのように考える?

―――面接を苦手に感じる求職者様って多いと思うんですけど、どのような対策をされていますか

(宮下様)模擬練習ももちろんやります。あとは選考でよく聞かれる項目、例えば志望動機、自己PR、長所、短所、あとは社会人としてどうなりたいか、などは、1~2時間かけて一緒に文章を考えていきます

(宮下様)弊社では「この通りに考えると考えやすいよ」というフォーマットも用意していて、求職者様(あなた)の経歴を伺いながら、「ここ強みだよね」「ここのエピソードを言おうよ」というサポートをしていきます。

(保宗様)長所・短所とか、何が良くて悪いのかもわからないといったところもカウンセラーと一緒に考えます

(保宗様)経歴などを一緒に見ながら、「ここは長所なんだよ」とか「ここは短所だから、どうやって直していこうか」という話をさせていただく形で面接の対策をしております。

(保宗様)他社さんとの違いとして、求人企業の営業担当も面接対策に加わることもあるといったところですかね。

―――複数の企業を受ける場合には、最初に紹介された12~15社から選ぶのですか

(宮下様)そうですね。例えば15社のうち8社に応募していただいて、その中から5社の書類選考に通って残りましたと。じゃあ、5社並行して進めます、とかそういうやり方です。

(宮下様)並行して進めると、企業を見比べられるんです。

(宮下様)あと、第二新卒は一社あたりの採用枠が少ないので、「内定が出たら何日までに返事くださいね」と、承諾期限って短いんですよ。すると、「1社しか受けてないのに決められないよ」という子もいるので、それならば並行して進めたほうがメリットは大きいかなと。

―――面接対策は求職者(あなた)とカウンセラーと企業の営業担当の3人でやるのですか

(宮下様)基本的に1対1でやります。カウンセラーとやる場合と、営業担当とやる場合とですね。

―――カウンセラーさんと営業担当さんとで交代するのですね

(保宗様)はい。営業担当とは「はじめまして」なので緊張される方もいらっしゃいます。

―――でも、その企業に採用されたいのでしたら、その営業さんに聞くのが一番ですよね

(保宗様)そうなんです。

―――カウンセラーさんが面接に同席されることはありますか

(宮下様)ほぼ無いんですけど、たまに弊社の営業担当が同席することもあります。

(宮下様)気持ちは強いですけど、コミュニケーション能力であったりとか、表情の出方であったりとかで伝わりにくい方もいらっしゃるので。

(宮下様)「本当にどうしてもここに行きたいです!」という場合には、一緒に同行させていただいて、企業さん側にフォローさせていただくこともたまにあります。毎回やるわけじゃないですけど、まれにやります。

―――企業の面接は2回ですか

(宮下様)2回の企業様と、1回の企業様もあって、ほぼどちらかです。

もしも面接で失敗したら

―――面接で失敗する人もいらっしゃると思うのですが

(宮下様)そうですね。面接の状況について、企業さんからもフィードバックをいただいているので、「企業さんからはこう見られてたからこうしようね」と対策することもやっています。

(宮下様)弊社から支援を中断することなく、次に内定を得らえるように一緒に頑張っていきます。ただ、どうしても心が折れやすくて、自分でフェードアウトしてしまう方もいらっしゃるので、選考直後などに電話やメールで「大丈夫?」って連絡しています

(保宗様)自分で「ダメだった」って思った方って、「キャリアアドバイザーさんに申し訳ない」って思っちゃったりして、電話が繋がらなくなったりすることもあるので、2~3日後にもう一回連絡させていただくこともやっていますね。

間違って「ブラック企業」に就職してしまわないように

―――「紹介される企業がブラック企業だったら・・・」と不安に思われる求職者様も多いと思いますが、御社ではどのような対策を行われていますか

(保宗様)営業担当が企業さんと契約をする時点で反社会的でないかのチェックや、就業規則のチェックなどを行っています。ブラック企業を紹介することは、求職者様(あなた)にとっても、企業様にとってもWin-Winではないので。

(保宗様)求職者様(あなた)にとっては、過酷な環境であったりとか、入るとすぐに辞めたくなったりとか、仕事の教訓を生かせなくなったりするので、長く働けない。

(保宗様)企業さんにとっても、採用したけどすぐに辞めてしまう、というのは教育のコストとか、時間だけかかってWinではない。弊社にとっても、支援した方が辞めるのはWinではないので。

(保宗様)ただ、ブラックの定義って求職者様(あなた)の考えによって違いますので、定義するのは難しいかなとは思いますが、一般的な定義については全て契約の時点で除外しています。

(宮下様)「弊社に頂いている労働条件に相違ないです」みたいな書類を企業さんからサインと印鑑をいただいて書類を残しているので、「これで間違いないですよね!」という点でふるいにかけてます。

―――入社後に「ブラック企業でした」という連絡はありませんか

(宮下様)「ブラック企業でした」というのは無いですけども、「思っていたのとは違いました」というミスマッチはゼロか、といわれればゼロではないです。そこを限りなくゼロにしていくことが、弊社として日々取り組むべきところかな、と考えています。

(保宗様)過去に就業されていない方も多いので、そもそも働くことに対する認識が、周囲から聞いていて感じていたものと違ったということなので、そこは求職者様(あなた)が不安に感じそうなところをお伝えする、という形でやっています。

(保宗様)だいたい新卒の離職率が3割程度、中途の離職率はもうちょっと高いんですけど、弊社の利用者に関しては、3年離職率が8%ぐらい。きちんとマッチングさせていただいて、より離職率を減らせるように毎日精進しています

正社員就職が決まってから受けられるアフターフォロー

―――入社後にフォローはされるんですか

(宮下様)はい、電話やメールで「入社して3日目だね」とか「1ヶ月経ったね!どう?」など、定期的なフォローをしています

(宮下様)5~10時間と会うので、求職者さんとカウンセラーの関係もできてくるんですよね。「困ったらカウンセラーに言おう」って。なので、「こういうことで困っています」と求職者様側から来ることも多いです。

(保宗様)内定してから入社するまでの内定者研修、希望制ではあるのですが、社会人の心構えとか、セミナーみたいなものを毎月1回やってます。

(保宗様)18~28歳で転職する方って、同年代の相談できる相手もいなかったりするので、コミュニティを作って「お互い頑張ろうね」とか、入社後に知らなくて苦労することを軽減するための取り組みをやっています

―――内定者研修の内容について教えてください 。どんなことを学べますか

(宮下様)一時間半から2時間ぐらいで、例えば「働くとは」みたいな。あとはビジネスマナー、名刺交換や電話応対。

(宮下様)あとは担当したアドバイザーからのコメント入りの賞状を渡して、「こういうことありましたね」とか「頑張ってくださいね!期待しています!」とか笑。

―――賞状いただいたら「頑張らなきゃ」ってなりますね笑

(宮下様)そうですね。なので、内定者研修に来た方はほぼ辞めていないですね。

―――ビジネスマナーは内定者研修で教えるのですね

(宮下様)はい。完璧に習得できるかといえば、難しいと思いますけど、さわりの部分のレクチャーはしています。

これから正社員として働きたいフリーター・ニートのあなたへメッセージ

―――記事をご覧の方へメッセージをお願いいたします

(保宗様)私がお伝えしたいのは、悩んでいるのであれば、お話に来てくださいと。ご自身で悩まれるのも大変だと思いますし、周りに相談してアドバイスをもらったとしても、それが広い視野のアドバイスではないことも多いので、それに左右されて後悔するというパターンもよくお伺いします

(保宗様)なので、困っているならば一度相談しに来てみてください。

(宮下様)僕からは、経歴やスキルを気にするのはわかるんですけども、そこではない部分。「就職したい」とか「将来こうなりたい」とか、気持ちが第一なので、そこさえ持っていれば、弊社でサポートを最大限できますと。

(宮下様)あとは、「仕事が楽しければ人生楽しいですよ」ということはすごく伝えたいなと。

(宮下様)仕事で人生を変えてもらいたいな、と思います。

(保宗様)スタッフがみんな第二新卒経験者なので。

―――そうなんですね!

(保宗様)なので、悩みのところからも全面的にバックアップできるかなーとは思います。

―――はい、ありがとうございました!


第二新卒AGENTneo(公式サイト)

まとめ

  • 第二新卒エージェントNeoは、あなたとおおよそ5〜10時間程度面談。特に初回は2時間と長く、あなたとの信頼関係を作るところから取り組みます
  • 全体の利用者に対する、フリーターやニートの利用率はおおよそ7割。「やりたい仕事がない」「正社員として働くスキルがない」と考える若者が多く利用しています
  • 強みや特技などがわからなくても大丈夫。カウンセラーさんと一緒に、あなた自身の強みや特性を見出していこう

「第二新卒エージェントNeo」のサービス利用手順

第二新卒エージェントNeo@株式会社ネオキャリア

あなたが、これから第二新卒エージェントNeoのサービスを利用するならば、まずウェブサイトから申し込みを行います。

可能であれば、履歴書があれば良いのですが、カウンセラーと一緒に作ることができますので、今は用意しなくても大丈夫。

面談するオフィスは新宿です。

そこで初回面談を2時間行いますので、午前か午後に時間を作ってみてください。

家族や友達ではないプロのカウンセラーだからこそ、逆に話せることってあると思います。これから就職する上であなたが感じている不安や悩みを相談してみてください。

カウンセラーも第二新卒経験者ですから、きっとあなたの悩みを直感的にわかるはずです。

「第二新卒エージェントNeo」で就職のこと、一緒に考えてみませんか。


第二新卒AGENTneo(公式サイト)

広告

広告

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- since 2015

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

カテゴリー内リンク