無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > レジバイトの体験談 > レジ店員に求められる能力は何?お客さんに聞いてみた!

執筆者:Mirai Takebe 運営者に問い合わせる

レジカウンターで店番猫

レジカウンターで店番猫 from ぱくたそ

レジ店員に求められる能力は何?お客さんに聞いてみた!

クラウドソーシングを利用し、レジ店員に求める能力は何か聞いてみました。

公開日:2015年12月16日 最終更新日:2015年12月16日 

広告

はじめに

クラウドソーシングを利用し、レジ店員に何を求めているか聞いてみました。 正直、レジ打ち経験者としては、いらっとする内容もあります笑。 あなたも経験者なら、おそらくそう思う記述があるはずです。

良くも悪くも日本のサービス過剰な現場が見えるような気もします。

記事は趣旨は変わらないよう注意しつつ、表現などを変更しています。

レジ店員に求めることあれこれ

親切にしてほしい

やはり品物をカゴに入れるときに丁寧にして欲しいです。 乱暴に投げるようにする人には、気分が悪くなります。

普段から、スーパーに買い物にいきますがその最後にレジに行きます。 買い物の最後なので、レジの対応がいいと気持ちよく帰ることができます。

そして、丁寧にしながらも動作がテキパキしていることです。 だらだらとしている人にはイライラします。

お客だからというのではなく仕事でされているのだから、買い物客が気持ちよくなるような接客をして欲しいです。 その買い物が気分良く終わるのなら、またこのお店に買いに来ようと思います。

自分が感心したレジ店員は、こちらが思う以上に親切にしてもらえた人です。

手際の良さと接客の心地よさ

私がレジ店員さんに求めることは手際の良さと接客の心地よさです。 この二つはどちらも大事なことなので、どちらが欠けてもいけません。 もちろん、お店によって扱う品や客層、混み具合も変わってきますが、基本的にはこの二点を求めます。

まず手際の良さですが、スーパーや朝のコンビニ、混雑時の洋服屋さんや電気屋さんで重要になってきます。 手際が悪いと並んでいる人の数はどんどん増えますし、お客さんはどんどん苛々してきます。これを回避するために手際が大事なのです。

接客の心地よさももちろん重要です。 表情や、言葉、声、お客さんに向ける全てが接客ですから、その一要素、一要素が大切になってきます。 笑顔で、大きな声で接してもらえたら、やはり悪い気はしません。

暇にさせないで

私がよく行くところは市内でも有名な激安スーパーで、お客さんの肩が触れ合うくらい混み合っています。 店員さんもベテランの方が多く、レジ打ちがすごくスピーディです。 お金の受け渡しも大声で快活に確認してくれるので、安心します。

しかし、私もレジパートをしたことがありますが、笑顔で仕事もはやいベテランの域に達するまでは、なかなか時間を要するものだと思います。 また、私はスーパー等でレジを待っている時間が少しニガテで、財布の中のポイントカードを整理したりして、時間を潰しています。 目の前でレジの方が一生懸命打ってくれているのでありがたいのですが、『なんだか暇…』ともじもじした気分になるのです。

レジにあったら嬉しいのが、打った商品の写真と金額が出てくるような大きなパネル(※)。 これなら視線のやり場もあるし、レジに参加している気持ちになれそう。 単に、私が人見知りなのかもしれません。

※これは機械の話になるため、東芝テックさんに作ってもらうしかないですね。

なるべく早く

私はレジの店員の方に、特にスピードを求めています。 動作が早い店員の方は、対応もスムーズで良い印象もあります。

購入数が少ない時はセルフレジを利用することもありますが、動作が早いレジの店員の方を探して、その列に並ぶようにしています。

日の丸を背負ったつもりで頑張れ!

以前に海外で数年間過ごした経験がありますが、その後日本に帰ってきて一番嬉しかったのが、コンビニの店員さんがレジで袋詰めまでしてくれて「ありがとうございました」と気持ちよく挨拶してくれたことでした。 ずっと日本にいると分からない、日本人の「おもてなし」の心の最前線だと思いました。

海外ではおしゃべりしながら、電話をかけながら、お菓子を食べながらレジを打っている店員をよく見かけましたし、特段不満も感じませんでした。 しかし、こちらに帰ってきてしまうと袋のつめ方から、挨拶の声の大きさ、店員同士の私語などがなぜか気になってしまうのです。 そこで思ったのは、レジの店員さんというのはその国の文化の象徴なのだということです。

レジの店員さんは日の丸を背負ったつもりで頑張ってほしいです。

この体験談から見えること

ここからは筆者の感想です。

ご覧の通り、レジ店員に求められることはレジを流す早さもあるのですが、それ以上にお客さんに対する接客の良さを求める傾向にあるように思います。 ストレートに書いてしまうと、お客さんは自分を特別扱いしてほしいと考えているのです。

本来、商品の買う側と売る側の取引ですから、上下関係など無く対等な取引のはずです。 BtoB(企業対企業)の現場では、よほどの下請けでも無い限り、取引は対等に進められます。

ですが、不思議と日本のサービス業の現場では、お客さんのほうが位が高いと思い込んでいる人は多いようです(中高年以上は特に)。 販売側が商品を売らなければ生活していけないにもかかわらずです。

もしかしたら、息苦しい日本社会の中で自身の優位性を発揮できる数少ない場所なのかもしれませんね。

一方で、これを逆手にとることで優れたレジ店員になることが出来るかもしれません。

業界問わず、仕事のできる方は常に相手の考えを予想し、その期待を上回る結果を示すことで成果を上げているように思います。 スピードの速さや接客の良さが求められていますから、それに対してあなたが何ができるのかを考えるのです。

あなたなら出来ますね?

ちなみに筆者は、「勘違い」したお客さんには、こちらもそれ相応の態度を取ります。 だから、筆者はいつまでも出来ないレジ店員なのです

[スポンサーリンク]

まとめ

以上です。

レジ店員は将来なくなるかもしれない職業の1つです。 レジ打ちを楽しめるのは、もうそうれほど長くないのかもしれませんね。

レジ店員に限らず、あなたがサービス業の現場で働いているならば、日本人の鏡です。 偉そうなお客さんに何を言われようが、あなたの力が今の日本を支えていることを忘れないでください。

アルバイトを探すなら知っておきたいサービス

  • アルバイトの探し方がわからない
  • アルバイトを始めたいが電話連絡するのはちょっと不安
  • どんなアルバイトが調べてみたい

あなたがそう考えているなら、「タウンワーク」を試してみてはいかがでしょうか。

タウンワークは業界最高水準のアルバイト募集件数を掲載。あなたの働き方に応じて自由に検索できます。

  • アルバイト応募フォームからお店へ連絡できます
  • 最寄駅や働き方に応じて自由に検索することができます
  • 将来、アルバイトから正社員になりたい

アルバイトを始めたいなら、一度「タウンワーク」をチェックしてみて!

タウンワークの使い方記事を見る


【わたしの街の求人情報紙】お仕事探しはタウンワーク♪

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- 2015-2018

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。