無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > コンビニアルバイト > コンビニアルバイトは元ニートだってできる

執筆者:V(高木竜介) 運営者に問い合わせる

公開日:2017年05月29日 最終更新日:2017年05月29日 

コンビニアルバイトは元ニートだってできる

コンビニはアルバイトの中でも特に手軽に始められるものの一つ。また、時間をかけて大きな工場へ通うことも、電車に揺られてビジネス街へ向かう必要もなく、生活圏内にあるのが魅力です。

コンビニのアルバイトに興味がある、あるいは検討しているあなたにお伝えしたいのは、コンビニバイトは難しそうに見えてそんなに難しくないということ。

現役コンビニ店員やもしくは経験者からは、

「ボーっとレジに立ってるだけって言われるけどそうでもない。結構大変だよ」

という言葉はよく聞きますが、それは結局「慣れ」の問題がとても大きいです。

「できる」「できない」の話で言えば、むしろ「できない」人の方がほとんどいません。なぜならコンビニの労働環境が、仕事ができない人でも可能な限り戦力になる構造になっているのです。

広告

元ニートですが問題なく6年働けました

ニート生活からコンビニアルバイト店員へ

私は元ニートです。クリエイター系の専門学校を卒業し、ゲーム系の仕事がしたくて就活していましたが、それも叶わず、就職しそびれてニートになりました。

ニートになってから1年間、イラストを勉強しながら第二新卒として応募を続けていたんですが、それも成果に結びつきませんでした。

「さすがにバイトぐらい始めろ」と両親に急かされていたところ、徒歩数分のコンビニがアルバイトを募集していたのを見つけ、応募してみました。

最初はわからないことだらけで挙動不審

特に問題もなかったようなのであっさり採用され、9~17時の日勤で働くことになりました。

最初の3ヶ月間は研修期間。初日は研修ビデオを見て、マニュアルもまず必要なところだけを掻い摘んで簡単な説明を受けました。

ちなみに、この研修をしている間も当然ながら営業中であり、混んできたら「ちょっと待ってて」と研修担当のオーナーは表に出ていきます。

研修が終わるともう早速現場に出ます。出ないことには仕方がないですからね。

ただしいきなり一人立ちというわけには当然いきません。しばらくは先輩スタッフやオーナーにくっついて、お客さんのお会計の際に商品を袋に入れたり、商品を補充したり、掃除をするなどして業務に慣れていくことが仕事になります。

コンビニではこんな人たちが働いていた

学生、フリーター、主婦、ほかワケアリの方々……

コンビニは一部の場合を除き、24時間営業のシフト制です。そのため、時間帯によって働いているスタッフの属性が変わってきます。

日中は主婦とフリーター、夕方は高校生、深夜は大学生やワケアリの方々。土日祝だけの出勤の人もいました。

ワケアリの方々というのは、会社をリストラされてようやく働き口を見つけたとか、日中は本業をしているとか、体質的に夜型なので日中働きたくないとか、社会のレールから脱出した、あるいは脱落してしまった方々です。

私はこの中ではフリーターに属し、平日も土日祝も関係なく日中、夕方の勤務でした。

アルバイトやパートだけでなく、オーナーとその家族も

コンビニは本社直営のお店のほかに、個人や小規模な法人がコンビニの名前を借りて経営するフランチャイズ店があります。私が働いたのは後者。コンビニでありながら個人商店の色が残るお店です。

オーナーが現場に出るタイプのお店で、オーナーだけでなく奥さんや息子さんたちもメインの戦力でした。

元ニートでも働けるのには理由がある

マニュアルが整っており、業務は可能な限り簡略化されている

コンビニや飲食店などのチェーン店では、必ずと言っていいほどマニュアルが整備されています

また、一つ一つの業務が可能な限り簡略化されています。全体を見ると煩雑に感じてしまいますが、バーコードをスキャンしてタッチするだけとか、ボタンを押すだけとか、全ての業務は小さな手順の集まりに過ぎません。

そのため、コンビニの業務は、右も左もわからない人だけでなく、能力の低い人や一般常識がない人も、可能な限り戦力にできるシステムが整っています。

コンビニが全国のあちこちにあるのは、それだけ働ける人が多いから、とも言えるのです。

ほとんど慣れの問題

コンビニのスタッフを見ていると、パッパッと何でも手早くこなしていますね。それを見て「大変そうだなぁ、自分にはできないなぁ」と思うかもしれません。

しかしあれは慣れの問題です。やっているうちにそうなります。

あなたも習慣的にやっていることがあると思いますが、それをやってない人からすれば「なんでそんなに早くできるんだ」と感心に値するものです。

なんだかんだで誰かが助けてくれる

コンビニの仕事は別に一人でやるわけではありません。必ず同じシフトには違う誰かが入ります。新人なら尚更です。

マニュアルがある以前に、わからないことは先輩に聞けばいいし、聞かれて答えない人はいません。

特にパートのおばちゃんはありがたい存在です。コミュニケーションモンスターなので、些細なことでも聞けばガンガン教えてくれます。

口うるさい、いらない世話を焼いてくるのが玉にキズですが……。

迷っていてもしょうがない。やろう

一昔前は「コンビニってボーっと立っててレジするだけでしょ」と思われていたコンビニ業務。

近年は「いや、やること多くて意外に大変なんだよ」と誤解も解けつつありますが、今度はその「意外に大変」というイメージが余計に膨らんでいると感じます。

「意外に大変」といえばその通りなのですが、世の中に存在するさまざまな仕事の中では、変な言い方ですが「標準的な大変さ」に過ぎないかなぁ、というのが個人の感想です。

始めるのに特別な資格が必要ではないし、難しい交渉や折衝もなく、大怪我の心配もない仕事です。

気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

アルバイトを探すなら知っておきたいサービス

  • アルバイトの探し方がわからない
  • アルバイトを始めたいが電話連絡するのはちょっと不安
  • どんなアルバイトが調べてみたい

あなたがそう考えているなら、「タウンワーク」を試してみてはいかがでしょうか。

タウンワークは業界最高水準のアルバイト募集件数を掲載。あなたの働き方に応じて自由に検索できます。

  • アルバイト応募フォームからお店へ連絡できます
  • 最寄駅や働き方に応じて自由に検索することができます
  • 将来、アルバイトから正社員になりたい

アルバイトを始めたいなら、一度「タウンワーク」をチェックしてみて!

タウンワークの使い方記事を見る


【わたしの街の求人情報紙】お仕事探しはタウンワーク♪

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- 2015-2018

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。