無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > フリーターの就職活動 > 企業が正社員に採用したいと考えるフリーターの特徴

公開日:2017年09月15日 最終更新日:2017年09月15日 

企業が正社員に採用したいと考えるフリーターの特徴

正社員採用面接を受けたいけれども、企業って私のどこを見てるんだろう?

よく疑問に思いますよね。

不採用が続くと、まるで自分を全否定されているような気持ちにもなると思います。

「自分って生きてる価値ないんじゃね」って(「無能なフリーター」が正社員になって社会で生き残るための方法)。

しかし、そこに悩んで就職活動を辞めないでください。

実は、企業の採用側に公表されているデータを見ることで、あなたの面接時に、あなたのどこが見られているかを大まかに想像することができます。

もし、それが分かったら、履歴書や面接での対策内容も少しは変わってくると思いませんか?

そこで、企業は具体的にどのようなフリーターを正社員として迎えたいのかを紹介します。

>>【就職活動の方法がわからないあなたへ】20代利用者の70%超が正社員になれたニート・フリーター向けのオススメ就職支援サービスを一挙紹介!<<

広告

企業はあなたのココを見ています

株式会社アイデムが公表したパートタイマー白書(平成26年版)より、「若年非正規雇用者(39歳までのフリーターなど)を自社の正社員にする際に何を重視するか」のうち、代表的なものを示したものが下記です。

  1. 本人の性格・人柄
  2. 今までの職業経験と自社の業務の関連性
  3. 今までの職業経験の一貫性

あなたがこれまでフリーターとして活動してきた以上、そのフリーターとしての経験を見られていると思って良いと思います。

フリーターから正社員に就職するにはどうすればいい?では、フリーターとしての経験をアピールしようと述べましたが、企業側もその情報を欲している可能性は高いです。

一方、意外かもしれませんが、学歴や年齢はおまけ要素です。

  • 高校や大学を中退したから
  • 年齢が30代近いから

といった理由で就職活動を諦めてしまうのはもったいないんです。

「本人の性格・人柄」って?

フリーターに求める事柄のうち、特に重視されているのが「本人の性格・人柄」。

その具体的なポイントを資料から伺うことはできませんが、

  • コミュニケーション能力
  • 組織の雰囲気と調和的か

が挙げられると思います。

コミュニケーション能力

ここで述べるコミュニケーション能力とは、他人を笑わせる能力ではなく、上司や先輩、客先の話をきちんと聞いて、仕事を速やか、かつ正確に遂行するための能力のことです。

最も多くの人が挙げたのが、「話がうまい人が、コミュニケーション強者である」という誤解だ。

参加者の一人は、こう言った。

「昔は、話がうまくなりたいと思っていましたけれど、今は「正確に聞ける」ほうがずっと大事だと思ってます。」

コミュニケーションにまつわる8つの誤解 | Books&Apps

難しい話ではありません。

相手が述べていることを的確に受け止め、求めていることを的確に返すだけです。

この能力は、これから経験を積むことで高めることができます

「コミュ障だから」と卑下したり、諦めたりする必要はありません。

組織の雰囲気と調和的か

組織には組織なりの雰囲気があり、それが会社の個性にもなっています。

  • 昭和特有のムラ社会
  • 上司や先輩にも発言しやすい、風通しの良い会社
  • のんびりほのぼのした会社

あなたがその雰囲気に合わないと判断されると、たとえ能力があったとしても不採用になる場合があります(不採用になるのはあなたのせいではない場合が多い)。

最終的に集まるのはお互い似た同士。「類は友を呼ぶ」と言いますよね。

だから、「職場にとって、あなたの性格が異質だから」といった理由で不採用になったとしても、それは仕方のない話と割り切るのが最良です。

「今までの職業経験」はよく見られる

フリーターの場合、これまで経験してきた分野と同じ、もしくは関連性の高い分野で攻めるのが効果的です。

前述の通り、パートタイマー白書では、

  • 今までの職業経験と自社の業務の関連性
  • 今までの職業経験の一貫性

が、あなたを正社員雇用するため重要な評価ポイントとして挙げられています。

「今までの職業経験と自社の業務の関連性」が大切な理由

  • 入社直後から即戦力として働けることを期待できる
  • あなたが入社後に働いている姿を想像できる

例えば、あなたの将来の上司が、あなたの面接を担当したとします。

すると、その面接官はあなたの話を聞きながら、あなたの入社後のイメージを描いているはずです。

  • あの仕事は任せられそうか
  • あの先輩の下につけるのはどうだろうか

その際、まったく未知の仕事内容を語られるよりも、自社の業務と関連性のある話を語られたほうが、働いている姿を想像しやすいはずです。

「今までの職業経験の一貫性」が求められる理由

  • 入社直後から即戦力として働けることを期待できる
  • 思い立ったように転職される可能性を低減できる

入社直後から即戦力として働けることを期待できる

現在は自社のアルバイトを正社員雇用に転換する正社員登用も活発です。

企業は今すぐ働ける人たちを求めているため、あなたが一貫性のある職務経験を積んでいれば、それが強みになります。

思い立ったように転職される可能性を低減できる

若い労働者の一部には「どこかに自分に最適な仕事がある」と転職を繰り返す人がいます。「ジョブホッパー」と呼ばれる人たちです。

転職を繰り返すこと十数回。前の職場を衝動的に退職し、すでに半年が経過していました。世間は『少子高齢化で人手不足』といわれていますが、彼は書類選考で落とされ続けています。

この半年で面接にこぎ着けたのはわずか2回。先ほどのやり取りは、久しぶりに書類選考が通った面接でしたが、結果はNGでした。彼は私にこう言いました。

「オレは自分が好きな仕事をしたかっただけなんだけどな。なんでこうなったのだろう?」。

30年間も"自分探し"を続けた50代の末路 | PLESIDENT Online

育てた人材の流出は、企業にとっても損失に繋がります

そのため、目的もなく「ふらっ」と転職したがる層は採用したくないとの意識が表れている可能性があります。

面接や履歴書で注意すべきポイント

ここまではフリーターを正社員雇用する際に重視したいポイントを紹介してきたので、逆に企業はあなたのこの部分に、採用のリスクを感じている点も紹介します。

同書によると、フリーターに対するネガティブなイメージとして、

  • 職務に対する技術や経験が乏しい
  • 責任感が弱そう
  • 忍耐力が弱そう

といった項目が挙げられています。

あなたが「ドキッ」と不安に感じる内容なのでは?と思いますが、いかがでしょうか。

このうち、技術的な話は企業の内部に入って、仕事を経験することで身につきます。今、あなたが特別なスキルを持たずとも、その点は気にしないでください

例えば、パソコンの使い方なら自習もできますけど、業務用機器の使い方は自習できませんよね。

責任感・忍耐力の感じるエピソードを用意しよう

一方、責任感や忍耐力に関するアピールは、履歴書か面接のどこかに盛り込んでおいたほうが良いです。

ここまで職務の一貫性が大切だと紹介してきましたから、同じ業務を継続的に経験してきたエピソードの1つに、責任感や忍耐力を感じる話題も混ぜれば良いと思います。

何か思いつきますか?

ちなみに筆者は、かつてスーパーでバイトをしていたときに、惣菜を作る厨房を徹底的に磨き上げて「年に1回の大掃除の後みたいに綺麗だ」と評価されたことがあります。

みんなどこか体が悪かったり、過労だったりして「自分がやるしかない」と思ったんですよね。

この話を、例えばIT屋向けに語るのは場違い感甚だしいですが、スーパーの正社員面接なら、肉付けすることで自己アピールの1つになると思っています。

あなたも今まで働いてきた中で、こういったエピソードの1つか2つぐらいはあるはずです。

まとめ

  • 企業があなたに求めているのは、人間性、業務の経験の実績と一貫性
  • 逆に、あなたに不安を感じる点として業務経験の少なさと、責任感・忍耐力の弱さ
  • 履歴書や面接で話をする場合には、今まで働いてきたエピソード中心に、あなたの責任感や忍耐力が伝わる話を盛り込んでおこう

ちなみに、あなたの年齢が若いほど、職務経験や実績よりもあなたの人間性が見られていると思ってください。

上司や先輩ときちんと会話できる能力、引き受けた仕事を遂行する責任感、そしてちょっとのストレスで職場から逃げない忍耐力。

このあたりが見られているはずです。

でも、「自分、責任感ないから」って、あまり深刻に受け止めないでください。

今までフリーター経験を積んできたなら大丈夫。

普段のあなたの誠実な働きっぷりを、そのまま伝えれば良いのです。

正社員として働きたいあなたへ

  • 就職活動の方法がわからない。何から始めればいいのか
  • 周囲はみんな正社員として働いている。ニート・フリーターの自分だけが取り残されている
  • 働いてみたいけど、スキルがないから無理だろうな・・・

あなたがそう考えているなら、「ジェイック営業カレッジ」を試してみてはいかがでしょうか。

  • 東京のみならず、大阪や名古屋、福岡、宮城などで、日本各地で利用できます
  • 2週間の研修を通じて、あなたは就職活動のスキルと、物事を主体的に取り組む力を手にします
  • 専任のアドバイザーがあなたを親身にサポート。内定~入社後もあなたの不安を相談できる体制が整っています

1万人以上の既卒、ニートやフリーターらを支援した「ジェイック営業カレッジ」を頼ってみてください。筆者がオススメできる安心のサービスです。

ジェイック営業カレッジの紹介記事を読む


フリーター就職・既卒就職なら【JAIC(ジェイック)】 無料説明会申込

広告

広告

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- since 2015

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

カテゴリー内記事リンク