無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > フリーターの就職活動 > フリーターから正社員に就職できる自己PRの考え方

執筆者:V(高木竜介) 運営者に問い合わせる

公開日:2017年09月10日 最終更新日:2017年09月10日 

フリーターから正社員に就職できる自己PRの考え方

フリーターの就職活動において、自己PRはつまづきやすい部分です。

  • 正社員採用面接で「あなたを自己PRしてください」と言われたら?
  • 履歴書などの書類に自己PR。何を書く?

「家が近いから」「生活費が欲しい」が通用するアルバイトの面接とは違って、自分がどういう人柄で、何ができるのかということを応募先の企業に伝えなければなりません

しかも、それをただ企業や面接官に伝えるだけではなく、「採用しよう」という気になってもらわなければなりません。

難しいですね。「もう一生フリーターでいいや」って諦めそうになりますね。

しかし、それでも自己PRを書くのです。いくつかのポイントを押さえて書けば、アピール力のある自己PRを書けるようになりますから。

「自己PRは、インパクトに残ることをドカーンと伝えること」

そう考えていた時期が私にもありました。

フリーター時代には、建設会社に面接に行って音楽の話をして「バカか?」って言われたことがあります。

あなたが同じような失敗をしないために、フリーターから正社員に就職できる自己PRの考え方をご紹介します。

広告

企業はあなたに何を求めているのか

実際に自己PRの内容を整理する前に、企業がフリーターで正社員未経験のあなたに何を求めているのかを考えてみましょう。

それをきちんと把握して、「求められているものを持っていますよ」という文脈でアピールしていくのが、理想的な自己PRです。

一般常識が備わっていること

  • 遅刻をしない(やむを得ない場合は事前に連絡できる)
  • 敬語、丁寧な言葉づかいができる
  • 約束を守る
  • 犯罪行為・背信行為をしない

上記のような一般常識が備わっていることも求められます。そして、にわかには信じがたいのですが、上記がいろいろと欠けている求職者もいます。

その点、実際にフリーターとして働いているあなたは全く心配無用ですね。

ちなみにこれに関しては、自己PRで判断するまでもなく、応募書類を見たり、軽く話をするだけでおおよその見当はつきます。

きちんと育てれば成長する、前向きな姿勢であること

率直に言うと、企業はあなたの過去をあまり考慮しません。それよりも、これからどう成長していくのかに興味があります「こんな無職・ニート、採用します!」企業の裏事情をちょっぴり公開)。

もちろん大学を中退していたり、就職浪人やニート歴などがある場合は、その理由を参考程度に聞かれやすいですが、あくまで参考程度です。

実際に働き始めた時、教えたことをきちんと覚えて、実践できて、毎日の業務を問題なくこなしていけるようになるか。それを見極めたがっているんです。

少なくとも応募段階で、あなたの能力に過度の期待はしていません。

周りの人と問題なくやっていけること

組織に新しい人を迎え入れると、良くも悪くも人間関係に変化が起きます。

変化すること自体はいいんですが、入ってきた人があまりにも自己主張が強かったり、あるいは組織内の誰かと反りが合わないと、それが組織全体のモチベーションに影響します。

人間の性格は十人十色なので、相性の良し悪しがあるのは仕方がありません。

だから企業は、せめて誰ともケンカをせず、トラブルなく業務を進められる人を採用したいと考えています。

体育会系の人間が就職に強いのは、このあたりの「絶対服従」の大切さを肌身で知っているためです。

フリーターでもすぐに就職できる自己PRのやり方

以上のことを踏まえたうえで自己PRをまとめていきましょう。

自己PRは履歴書に書くだけでなく、面接でも話すことになります。

パソコンのメモ帳、大学ノートなどに文章をまとめておけば、そのまま履歴書に書けますし、概要をざっくり頭に入れておけば、面接でも速やかに回答できるはずです。

よくわからないからと、フリーター就職サイトの自己PR例文をコピーするのは避けた方が良いです(フリーター就職サイトの自己PR例文は役に立たない)。

アルバイトでどう成長し、それを業務にどう活かせるかをベースに

企業は、

  • 真面目に仕事に取り組み
  • 教わったことをきちんと実践できて
  • 安心して仕事を任せられる

人材を求めています。

そのため、フリーターの場合、今やっているアルバイトにちなんだ内容を話すのがベター

  • ファミレスでアルバイトを○年間続けた。最初は人と話すのが苦手だったが、今では初対面の人と話すのが楽しく、すぐ打ち解けられる
  • 引越し業者でアルバイトを○年間続けてきたおかげで、体力には自信がある
  • 家庭教師を○年間続けてきたので、商品の仕様や特徴を、全く知らない人にもわかりやすく説明できる

ここで大切なのは、必ず"成長"とセットで語ること。

企業側にも若手を育てる用意はありますが、それと同時に、放っておいても自分でどんどん育ってくれる人材が欲しいと思っています。

完全な受け身ではなく、仕事を通じてさまざまな"気付き"を得て、自分で自分を成長させられる人には将来性を感じるものですし、企業もそんな人なら安心して抱えていられます。

裏表なく、心のうちを明け透けに話すのもOK

企業も一つの生活共同体です。

「その人を身内に入れていいのかどうか」、というのもなかなかバカにできない判断材料です。

先に述べたように、企業が求める人物像は無用な衝突を起こさない、周囲の人と円満にやっていける人。その判断基準は明るく、素直で、裏表なく、他人の考えを尊重できる人柄であることです。

これは「自己PRしてください」という設問の枠にとどまらず、応募書類全体、面接全体を通してアピールしていくことになります。

たとえば面接では、

  • 「大学を中退して親に迷惑をかけたから、そろそろきちんと働きたい」
  • 「志望する業種になかなか採用されないので、発想を切り替えて違う業種も真剣に考えるようにした」

といったとも、ストレートに言ってしまったほうが好感触だったりもします。

不採用でも気にしない

一般的に、不採用になる原因は応募者には明かされません。

応募者に原因がある場合もあれば、もっと優れた人材が応募してきた、欲しい年齢・性別でないなど、企業側の都合による場合もあるからです(不採用になるのはあなたのせいではない場合が多い)。

「不採用は全て自分の責任」だと考えると就職活動が辛くなります。

不採用だったら「不採用だった」という事実のみを受け止めて、スムーズに次の手を打っていきましょう。

それでも「なぜ不採用なのか」と不安が勝るならば、就職支援サービスも就職活動の手順を見直してみましょう。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 企業はあなたに前向きさと、成長していく可能性を求めている
  • 自己PRは、アルバイトでどう成長し、それを業務にどう活かせるかをベースにしよう
  • 不採用なのはあなたのせいとは限らない。企業側の都合である場合も多いので、気にしてはいけない

フリーターの就職活動における自己PRは「御社が求めている人物像に私がピッタリ合致します!」ということを企業に認識してもらうのが目的。

自分をグイグイ押し込んでいくのではなく、企業の考えや不安に寄り添うようなイメージですね。

「自分を売り込むのが苦手」「アピールが恥ずかしい」と考えているフリーターの方は、これで少しリラックスして就職活動に臨めるのではないでしょうか。

フリーターが自己PRを書く際のアドバイス

  • もし可能であれば「職場見学」などに参加してみよう。働く人たちの雰囲気を肌で感じることで自己PRは磨かれる
  • 新卒の就活生のようにいろいろデザインにこだわる必要ない(太字にしたり写真を貼ったりはいらない)。誠実さが伝わればOK
  • パソコンで打つか手書きにするかは応募する職場にあわせる。若い会社やIT業界はパソコンで作った履歴書に理解がある

更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE運用ポリシー・配信サンプル等はこちら

正社員として働きたいあなたへ

  • 就職活動の方法がわからない。何から始めればいいのか
  • 周囲はみんな正社員として働いている。ニート・フリーターの自分だけが取り残されている
  • 働いてみたいけど、スキルがないから無理だろうな・・・

あなたがそう考えているなら、「ジェイック営業カレッジ」を試してみてはいかがでしょうか。

  • 東京のみならず、大阪や名古屋、福岡、宮城などで、日本各地で利用できます
  • 2週間の研修を通じて、あなたは就職活動のスキルと、物事を主体的に取り組む力を手にします
  • 専任のアドバイザーがあなたを親身にサポート。内定~入社後もあなたの不安を相談できる体制が整っています

1万人以上の既卒、ニートやフリーターらを支援した「ジェイック営業カレッジ」を頼ってみてください。筆者がオススメできる安心のサービスです。

ジェイック営業カレッジの紹介記事を読む

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- 2015-2018

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

カテゴリー内記事リンク