無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > 引きこもり脱出作戦 > 無職でも覚えておきたい社会人の基本的なマナー

執筆者:Mirai Takebe 運営者に問い合わせる

無職でも覚えておきたい社会人の基本的なマナー

一度社会に出たことがあれば戸惑うことは無いと思いますが、一度も社会に出たことが無いと電話の取り方やビジネスメールの書き方など、意外とわからないものです。 そこで本ページでは、無職でも覚えておいたほうが良いビジネスマナーをいくつかご紹介します。

実践の場がないとなかなか身につかないかもしれません。 ただ、困ったことに社会には、基本的なマナーなど知ってて当然だろと考えてる人もいるので、あなたが引きこもりをやめたいと思うなら、ちょっとでも意識してもらえればうれしいです。

公開日:2015年06月26日 最終更新日:2015年11月01日 

広告

はじめに

学生が正社員になったときに、一番最初に教わるのは会社特有のマナーと、一般的なビジネスマナーです。 新入社員研修という名で、4月に行われます。 就職に失敗し無職やフリーターとして卒業してしまうと、この時点から入社できた人との差がついていきます。

会社特有のマナーや仕事上の技術は、仕事を通じて覚えることが多く、また他所では生きてこない場合もありますので、正直覚える必要はありません。 一方、一般的なビジネスマナーはどこに行っても通用しますので、社会に出たいのであれば覚えておいて損はありません

ここでは無職のあなたでも覚えることが出来る一般的なビジネスマナーについて簡単にご紹介します。

一般的なビジネスマナーあれこれ

電話の取り方

筆者の入社した会社では新入社員が電話番でした。 電話当番は、正社員でなくともアルバイトやパート先で取る場合も多々ありますので、覚えておいたほうが良いです。

細かい文言は企業次第ですが、「はい、xxx社です」「お電話ありがとうございます、xxx社の(あなたの名前)です」という応じ方が一般的かと思います。 「お電話ありがとうございます」という応じ方は、個人相手の店舗に多いように思います。

2コールないし3コール以内に取るようにします。 それ以上待たせた場合には、「お待たせいたしました」との一言を添えます。

また、わからないことがあれば上司に相談したり取り次いだりします。 特にアルバイトやパートであれば、わからないことが多いと思いますので、困ったら周囲の人に指示を仰ぎます。

小売店なら電話応対マニュアルのような資料も用意されていると思いますので、細かい話は働き始めてからでも大丈夫です。

なお、電話応対に限らず、丁寧な言葉を使えるようになりましょう。 特に若い男性にありがちな「なんとかっス」という言葉は、アルバイトやパートの現場でも使わないほうが良いです。

名刺の渡し方

特にホワイトカラー(普通の会社員)であれば、お客さんに名刺を渡す機会も多いと思います。 名刺の渡し方は、新入社員研修で扱う講座の1つです。

一般的な名刺は、91ミリ×55ミリで横書きです。 名刺入れは100均でも売っていますので、練習用に買うには最適です。

名刺交換の手順は、ここでは省略します。 手馴れたおっさんは意外と雑で義務的な渡し方だったりしますので、あんまり気にしなくても良いのかもしれません。

ちなみに、スーパーやコンビニでレジのバイトをしていると、クレジットカードを返す際に両手で返すと思います。 その形が名刺を渡す形に近いです。

メールの出し方

パソコンを用いたメールの出し方は覚えておいたほうが良いマナーです。 スマホでのメールやLINEでのラフなやりとりに慣れてしまうと、なかなか礼儀に従ったメールが書けないものです。

一般的には以下のような形で書きます。

xxx株式会社xxx事業部
xxx様

お世話になります、(あなたの名前)です。
以下用件

以下書名(あなたの所属や氏名など)

スマホでのメールやLINEでは送信主が誰かがすぐにわかるようになっているため、本文中であなたの名前を名乗る機会はまず無いと思います。 しかしながら、一般的なビジネスメールでは、本文中に自分が誰か名乗り、書名として改めて名乗るというしきたりがあります。

同様に、本文冒頭で相手の企業名や名前を記述するのもルールです。 手紙の宛名書きのメール版とも言えます。

余談ですが、近年はメールの添付ファイルに偽装したスパイウェアで情報を抜かれる事件が散見されます。 添付ファイルをつける場合には、ファイル付きであることを明記する(個人的にはファイル名と拡張子まで丁寧に書くことをオススメしたい)のが良いです。

あいづちを打つ

新入社員研修では学ばないはずですが、筆者が気になるところですので加えてみました。 相手の話に応じて相槌を返すことをオススメします。

10~20代だと、誰からもそういった話を聞かないため、あいづちを打つ習慣がなくても当然です。 しかし、話をする側からすれば、あなたが真面目に話を聞いていても、説明する側にそれが伝わっていなければ、「ちゃんと話を聞いているのかな?」と不安になるものです。

もし、あなたがコミュニケーション力に悩んでいるなら、あいづちすることもぜひ取り入れて欲しいと思うのです。

ちなみに、「ええ」という相槌も良く使われますが、少なくとも上の立場の人に「ええ」と返すのは違和感があります。 10代や20代で、アルバイトやパートで上司の説明を受けているならば「はい」という方が場に合っているように感じます。

なお、たまに就活の現場で過剰に頷きを繰り返す学生もいますが、「変な人だな」との印象しか与えませんので、個人的には逆効果に思います。

[スポンサーリンク]

まとめ

無職でも覚えておいたほうが良いビジネスマナーを簡単にご紹介しました。 これらは、なんらかのセミナーや講習を受けずとも、ネットや書籍を通じて学ぶことが出来る事柄です。 もし、最終的に正社員採用を目指すのであれば、是非自発的に学んでおくことをおすすめします。

パートやアルバイトなら、ここまでかっちり覚える必要はありません。 せめて電話応対が出来れば良いので、電話番を任されてもテンパらないようにしておけば大丈夫です。

更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE運用ポリシー・配信サンプル等はこちら

正社員として働きたいあなたへ

  • 就職活動の方法がわからない。何から始めればいいのか
  • 周囲はみんな正社員として働いている。ニート・フリーターの自分だけが取り残されている
  • 働いてみたいけど、スキルがないから無理だろうな・・・

あなたがそう考えているなら、「ジェイック営業カレッジ」を試してみてはいかがでしょうか。

  • 東京のみならず、大阪や名古屋、福岡、宮城などで、日本各地で利用できます
  • 2週間の研修を通じて、あなたは就職活動のスキルと、物事を主体的に取り組む力を手にします
  • 専任のアドバイザーがあなたを親身にサポート。内定~入社後もあなたの不安を相談できる体制が整っています

1万人以上の既卒、ニートやフリーターらを支援した「ジェイック営業カレッジ」を頼ってみてください。筆者がオススメできる安心のサービスです。

ジェイック営業カレッジの紹介記事を読む

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- 2015-2018

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。