無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > 引きこもり脱出作戦 > 引きこもりが就職して正社員になるための方法

公開日:2016年03月12日 最終更新日:2017年11月07日 

引きこもりが就職して正社員になるための方法

引きこもり状態から就職を目指そうとした場合、

  • あなたの適職がわからないので仕事を選べない
  • いわゆる「履歴書の空白」が長すぎてそもそも正社員になれる気がしない
  • 両親の期待が重すぎてイヤになる

なんて悩みを抱えますよね。

これといってやりたい仕事があるわけでもなければ、求人雑誌を見たところで全て同じにしか見えないなんてこともあるかと思います。

挫折しそうですよね。

しかし、あなたは就職できます。特にあなたが29歳以下ならその確率は高いです。

あなたが29歳以下の場合、よくある正社員就職へのルートは、

  • あなたの力で正社員採用面接を勝ち取る
  • アルバイトから正社員へステップアップ
  • 就職支援を受けて正社員就職

などが考えられます。

>>【就職活動の方法がわからないあなたへ】20代利用者の70%超が正社員になれたニート・フリーター向けのオススメ就職支援サービスを一挙紹介!<<

広告

正社員就職するための3つのルート

冒頭で述べた、

  • あなたの力で正社員採用面接を勝ち取る
  • アルバイトから正社員へステップアップ
  • 就職支援を受けて正社員就職

の3つをそれぞれ詳しく紹介します。

あなたの力で正社員採用面接を勝ち取る

ハードルは高いですが、奮起して正社員採用面接を受けるパターン。

あなたがこの選択を選べるなら、元々行動力がある人だったのだと思います。

ただ、いきなり正社員の仕事を探すのはハードルが高いとも思います。

筆者には、まともに働いたことが無いのに「ハローワークで仕事を探してこい」と両親に言われている知人がいます。

彼は何年経っても仕事を探すことができませんでした。この記事を最初に書いたのは2016年ですが、1年経った現在も引きこもってます。

一番最初から考えると、もう10年ぐらい引きこもってるじゃないかな。

「ハローワークで仕事を探してこい」の一言で仕事を探せたら苦労しないですよね。

アルバイトから正社員へステップアップ

アルバイトを始めて、働くことに慣れてから正社員就職を目指すルートです。

そもそも、あなたが仕事を探そうと考えても、実際に「働く」という経験が無いと、ハローワークに通っても仕事を探しだすのは難しいのではないでしょうか。

  • 働くというイメージがない
  • 自分が仕事をこなせるスキルを持っているとは思えない
  • 雇用条件?それってどんな何?

だから、より簡単なアルバイトを始めて、ステップアップしようという考え方です。

この方法は引きこもりの自立支援を行うNPOのカリキュラムでも採用されている場合があります。

身近でできることから始める。

できることが増えたら、その行動範囲を広げる。

これなら途中で大きな失敗をする可能性も低くなりますね。

ちなみに、かつて筆者が勤めていたアルバイト先には、ひきこもり状態を脱しようとアルバイトを始めた男性がいました。正社員採用を目指して頑張っていたようです。

評判は良かったですよ!

あなたの就職を助けてもらって正社員採用を目指す

2017年現在、あなたが正社員になるための就職活動をサポートしてくれる20代向けの就職支援サービスが充実しています。

様々な就職支援サービスのうち、UZUZキャリアセンター(UZUZキャリアセンターの特徴をもう少し詳しく)は、20時間超というキャリアカウンセリングを通じて、あなたの個性や特性、適職を見出そうとします。


既卒・フリーターでも内定率80%超え!【ウズキャリ既卒】

あなたがもし、どの業界で働けばよいかすらわからない場合、キャリアカウンセラーの支援は役立つと思います。

また、若者正社員チャレンジ(若者正社員チャレンジに応募して正規雇用のチャンスを獲得しようのように、「実習」を通じて仕事を体験できるサービスもあります。


学びながら最大10万円支給!若者正社員チャレンジ事業

これらサービスは、あなたが特別なスキルもビジネスマナーも持たないことを前提に始めますので、今は何もできなくても大丈夫です。

サービスを利用するためには、上記ウェブサイトから応募するだけ。あとは、支援サービスの指示に従って、あなたはカウンセリングを受けられます。

引きこもりに資格は役立つか

就職活動に先立って資格の取得を目指そうという話は多いです。資格取得は特定分野に対する技能の証明になるからです。

しかし、留意点があります。採用面接では資格があることよりも、どのような実務経験があるかのほうが重視される点です。

無職・ニートは資格の勉強をしてはいけない2つの理由で紹介したように、「とりあえず資格を取ろう」では時間が無駄になる可能性が高いのです。

そのため、筆者個人はあなたが資格をとることよりも、アルバイトを始めたり、就職活動を始めたりと、経験を得ること重視することをオススメしたいと思います。

一人で戦うか。誰かの力を借りるか

  • いきなり正社員を目指すか
  • アルバイトを通じて自助努力で這い上がるか
  • 就職支援サービスを利用するか

は、あなたの就職活動を一人で戦うか。力を借りるかと言い換えることができます。

就職支援サービスはキャリアカウンセラーがあなたの相談に乗ってくれます。あなたの代わりに面接の日程を調整したり、履歴書の書き方を教えてくれたりします。

一人で孤独になりがちな就職活動と異なり、とても力強いと感じませんか

その代わり、

  • 就職支援サービスはそのほとんどが20代までを対象にしている
  • 就職支援サービスは地方では利用できない。最終的に大都市圏に就職したい場合のみ

との制約があります。

あなたが東京に住む20代なら活用できますが、北海道や沖縄に住む30代なら、就職支援サービスを利用するのは難しいです。

30代以上で誰かの力を借りたい場合

あなたが30代を超えているなら、

のいずれかが選択肢になります。

先に挙げた就職支援サービスと異なり、これらはいずれも非営利性のサービスです。そのため、なんとしてもあなたの就職させようという考えは弱くなります。

地方だとほんと打つ手がないんですよね。辛いですわ。

よくある質問

大学中退で引きこもっていても就職できますか?

できます。

大学中退ニートからの就職活動!まずは何をすべき?に書きましたが、正社員として就職したり、再度大学の勉強をしたりと、みなさんいろいろな将来を選ばれているようです。

引きこもりにオススメの就職支援サービスを教えてください

あなたが東京かその近辺にお住まいの場合

若者正社員チャレンジは実習経験をつめますので、働くイメージを身につける場合に役立ちます。

その他2つはキャリアカウンセラーとの相談時間を設けますので、就職に関する悩みを相談したい時に利用できます。カウンセラーが既卒経験などを持つ、UZUZキャリアセンターのほうがあなた向きかな。

あなたが東京以外にお住まいの場合

ジェイックは大阪か福岡など、特に東京以西にいくつか拠点を持っており、他の就職支援サービスよりもカバーする地域が広いのが特徴です。

ジェイックはその独特の研修スタイルから「怖いな」と思われることが多いのですが、研修利用者からは「やってよかった」との声が聞かれます。筆者も安心してオススメできるサービスです。

引きこもりの人は就職支援サービスを利用していますか?

使っています。

繰り返しますが、利用しています。

筆者が実際に就職支援に携わる会社のカウンセラーさんに聞いたところでは、引きこもり経験者の利用も多いと仰っていました。

3年か4年引きこもってるうちに危機感を感じてきて、就職を志そうとした。でも、どうやって就職活動をすればよいかがわからないから相談に来た」とか「身近には就職の相談をできる人がいないので、わらにもすがる思いで問い合わせた」とか。

大丈夫。悩んでいるのはあなただけじゃないんです。

とりあえず就職の相談をしてみたいです

若者サポートステーションを挙げておきます(無職・ニートはサポステに行って無料の就職支援を受けよう)。

若者サポートステーションは「就職を前提としない」支援サービスなので、その点で気楽だと思います。

その代わり、若者サポートステーションでは、あなたに具体的な職業の紹介は行いません。そのため、就職や働き方に関する相談はできるのですが、「若者サポートステーションを利用すれば就職できる」とはいきません。

もし、あなたが東京都かその周辺(千葉、埼玉、神奈川など東京にアクセスしやすい地域)にお住まいなら、「東京しごとセンターヤングコーナー」も良いと思います(東京しごとセンターで無料の就職・転職支援やキャリアカウンセリングを)。

「東京しごとセンター」は、上述の若者正社員チャレンジや職業紹介を行う「ハローワーク飯田橋U-35」との連携もあるので、相談しにいった後の選択肢が広いです。

その代わり、若者サポートステーションでは、あなたに具体的な職業の紹介は行いません。そのため、就職や働き方に関する相談はできるのですが、「若者サポートステーションを利用すれば就職できる」とはいきません。

レベルとしては、

  1. 若者サポートステーション
  2. 東京しごとセンター
  3. 民間の就職支援サービス

と、リストの数字が大きいほど「正社員に就職する」ことを前提に話が進められます。

まとめ

  • あなたが自助努力で進めたいならばアルバイトから経験を積む
  • 誰かの手を借りたいならば就職支援サービスを利用(ただし都市圏の20代であること)
  • 地方の30代超はハローワークなど、非営利性のサービスを頼らざるを得ない

筆者個人としては、

  1. あなたが20代なら、どこに住んでいようが就職支援サービスを利用して就職先を決め
  2. 地元を離れて東京や大阪などの大都市で一人暮らしを始める

のが良いと思います。

引きこもった事実を変えることはできません。しかし、これから何をするかは自由に考えることができます

もちろん、引きこもりをやめることもできます。

ぜひ、未来を向いて頑張って欲しいな、と思います。

正社員として働きたいあなたへ

  • 就職活動の方法がわからない。何から始めればいいのか
  • 周囲はみんな正社員として働いている。ニート・フリーターの自分だけが取り残されている
  • 働いてみたいけど、スキルがないから無理だろうな・・・

あなたがそう考えているなら、「ジェイック営業カレッジ」を試してみてはいかがでしょうか。

  • 東京のみならず、大阪や名古屋、福岡、宮城などで、日本各地で利用できます
  • 2週間の研修を通じて、あなたは就職活動のスキルと、物事を主体的に取り組む力を手にします
  • 専任のアドバイザーがあなたを親身にサポート。内定~入社後もあなたの不安を相談できる体制が整っています

1万人以上の既卒、ニートやフリーターらを支援した「ジェイック営業カレッジ」を頼ってみてください。筆者がオススメできる安心のサービスです。

ジェイック営業カレッジの紹介記事を読む


フリーター就職・既卒就職なら【JAIC(ジェイック)】 無料説明会申込

広告

広告

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- since 2015

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。