無職対策まにゅあるロゴ

無職対策まにゅあるトップ > 既卒の就職活動 > 既卒は正社員になれないのか?

公開日:2017年12月02日 最終更新日:2017年12月02日 

既卒は正社員になれないのか?

学生時代に就職活動を始めるのが遅くて、就職しそびれてしまった。

卒業してとりあえずアルバイトを始めたが、やっぱり就職して正社員になりたい。

理由は人それぞれですが、さまざまな理由で新卒カードをなくしてしまい、とりあえずフリーターでいる人も多いかと思います。

既卒は新卒に比べて正社員になるのは難しい。そう思い込んで、就職活動を先送りにしている人も多いのではないでしょうか?

>>【就職活動の方法がわからないあなたへ】20代利用者の70%超が正社員になれたニート・フリーター向けのオススメ就職支援サービスを一挙紹介!<<

広告

既卒でも正社員になれる!

「既卒は新卒と同様に扱おう」が近年の流れ

近年の就職市場において、既卒も新卒と同様に扱おうという機運が高まってきています。

若者の就職の機会を増やし、きちんと育てて、人材不足を解消していくのが狙いです。

従来の新卒一括採用方式ではどうしても競争が激しくなり、その競争からドロップアウトしてしまう若者が出てきてしまいます。

彼らをそのままにしておくのは社会的にも大きな損失。だからこそ、既卒も新卒枠で採用しようという企業が増えてきており、既卒者でも大企業入社のチャンスを得られるようになってきました。

既卒者は、新卒者に比べて卒業からしばらく経っているとはいえ、フレッシュさはまだまだ健在です。若さ、元気さは何にも代えがたい魅力。それ自体が重要なアピールポイントでもあるのです。

既卒と新卒の唯一の違いは?

既卒と新卒は同じように扱うと言っても、既卒は新卒に対し下記の”負い目”のようなものがあります。

  • 在学中に内定を取れなかったこと(あるいは就職活動をしなかった理由)
  • 卒業後に就職できていないこと(あるいは就職活動をいま始めた理由)

卒業から今までの間に空白期間が生まれているのです。

理由がどうあれ、この点は面接で必ず聞かれます。面接官や採用担当に納得してもらえるよう、説明できなければなりません。

空白期間ができた主な理由と回答例

既卒の就職活動においては、卒業から今までの間に生まれてしまった空白期間について、まず間違いなく面接で聞かれます。

面接官や採用担当に「なるほど」「それは仕方ないね」と納得してもらうためには、きちんとした説明を、あらかじめ用意しておく必要があります。

空白期間ができた理由は人それぞれかと思いますが、どんなことでもとにかく前向きに言い換えてください。

後付けの苦しい理由でも、「あえてそうしたんですが、何か?」というハッタリでも構いません。仕事の場では、多少のハッタリが言えるほうが”機転が利く人”として重宝されるのです。

あるいはちょっと控えめに「当時はそれが正しいと思った。あとで間違いだと気づいた」というニュアンスでもいいと思います。

在学中に就職活動をしたが、内定ゼロだった

恐らく既卒者のほとんどはこのパターンではないでしょうか。

ですがこれをそのまま言ってしまえば「意欲はあるが、能力は低い」と評価されるでしょう。よって、これに一捻り加えて前向きに言い換える必要があります。

  • 就職活動を始めたのが遅かったのが失敗。以後素早い行動を心がけて、就職活動を継続している
  • うまくいかない理由がわからないまま闇雲に取り組んでいた。今はいろんな人に相談し、試行錯誤している

自分なりの創意工夫を匂わせれば、一転してコツコツ・大器晩成型だという印象を与えられます。

在学中の就職活動をサボっていた

これは嘘でもいいので、違う理由を作ったほうがいいかもしれません。

あるいは「サボっていたけど反省して、今から始めた」と改心したことを強調するのも手です。

アルバイトをしながら夢を追っていた

「夢を追うなら働きながらでもいいのでは?」というツッコミを先回りして潰す形になります。

  • 「やりたいことは就職して働きながらでもできる」ということに気づいたから
  • 夢を諦め、趣味に落とし込んで「地に足の着いた生活をしよう」と思ったから
  • とりあえずアルバイトをしていたが、やりたいことが見つかり、御社の業務がそれに近いから
  • 「自分がやりたいことより、周りに求められることをやるべきでは」と考えが変わったから

夢を諦めたにしろ、追うにしろ、前向きな心境の変化があったことを強調しましょう。「柔軟で合理的な判断ができる」と高評価です。

海外に行っていた

ワーキングホリデーや留学で海外に行っていた場合のアピール。

  • 就職したらチャンスはなさそうなので。素晴らしい経験をたくさんしてきた
  • 新卒での就職は逃したが、語学留学したお陰で英会話、英語の読み書きはかなりできるようになった
  • ギターを担いでアジアを放浪してきた。いろんな人と知り合い、物怖じしなくなった

ただし海外アピールは、どうしても鼻につく印象が拭えません。

また、その企業が海外企業と取引がない、あるいは海外を意識していない場合は「業務に関係ない、的はずれな努力をしそうな人だな」と判断されやすいです。

あらかじめ応募先企業を下調べして海外への関心度を見たり、面接官や採用担当の顔色を見てもっと出すか、すぐ引っ込めるかを調整する必要があります。

ケガ・病気で療養していた。家族の介護・看護をしていた

就職活動ができなくなるくらい重篤なものであれば、充分に理由になります。

  • 卒業年度にケガ、病気で入院、療養していた
  • 病気の家族の看護。もう元気になって必要なくなったので就職したい
  • 親の介護。親が施設に入り、必要なくなったので就職したい

自宅でできる努力、たとえば読書をしたり、資格の勉強をしていたという「あくまで就職は意識していましたよ」という姿勢が見えるといいですね。

仮にそれができなくても「気持ちの余裕が持てなかった」と言えば、責められることはありません。

まとめ

  • 就職市場では、既卒は新卒と同じように扱われるようになってきている
  • 既卒には卒業から今までの空白期間があり、面接では空白期間の理由を必ず聞かれる
  • 空白期間はいかなる理由でも必ず前向きに言い換えて話すこと。時にはハッタリも必要

社会人として仕事をしていると、中年層以降の人から「若いからなんでもできて羨ましい」「年をとると無茶できなくなるぞ」と自嘲気味に言われることが多いです。

若いうちは自覚がありませんが、おじさん、おばさんがしきりに羨ましがる若さは、あなたが無自覚に持っている強力な武器。企業もまた、どうせ採用するなら若くて元気がいい人にしたいと思っています。

採用にあたって、定年が65歳だということを考えると、既卒も新卒も大した違いではないのです。両者の区別がなくなりつつあるのも、必然なことなのかもしれませんね。

あなたが既卒であれば、就職できる可能性はまだまだ高いです。あきらめないで!

正社員として働きたいあなたへ

  • 就職活動の方法がわからない。何から始めればいいのか
  • 周囲はみんな正社員として働いている。ニート・フリーターの自分だけが取り残されている
  • 働いてみたいけど、スキルがないから無理だろうな・・・

あなたがそう考えているなら、「ジェイック営業カレッジ」を試してみてはいかがでしょうか。

  • 東京のみならず、大阪や名古屋、福岡、宮城などで、日本各地で利用できます
  • 2週間の研修を通じて、あなたは就職活動のスキルと、物事を主体的に取り組む力を手にします
  • 専任のアドバイザーがあなたを親身にサポート。内定~入社後もあなたの不安を相談できる体制が整っています

1万人以上の既卒、ニートやフリーターらを支援した「ジェイック営業カレッジ」を頼ってみてください。筆者がオススメできる安心のサービスです。

ジェイック営業カレッジの紹介記事を読む


フリーター就職・既卒就職なら【JAIC(ジェイック)】 無料説明会申込

広告

広告

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- since 2015

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。