無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > 無職・ニートの就職活動 > 無職・ニートはサポステに行って無料の就職支援を受けよう

執筆者:Mirai Takebe 運営者に問い合わせる

公開日:2016年05月04日 最終更新日:2016年05月04日 

無職・ニートはサポステに行って無料の就職支援を受けよう

あなたが、

  • 働きたいけどどうすれば良いかわからない
  • 仕事をするための自信が欲しい
  • 働くことが怖い

といった悩みを抱えているときに、知っておいて欲しいのが地域若者サポートステーション、いわゆる「サポステ」です。厚生労働省が指示団体として運営しており、全国の主要都市に設置されています。

ハローワークや各種求職サイトを見る前に、サポステに行くのが良いかもしれませんね。

キャリアコンサルティングやコミュニケーショントレーニング、各種セミナーを通じて若者の就職支援を行っています。

サポステを利用すれば必ず就職できる、とは言えませんが、支援を通じて社会での生活をより円滑に進められる可能性は高いです。

利用は原則無料。参加は任意で、あなたの好きなタイミングで利用できますので、「気が向いたら行く」という使い方が良いと思います。

筆者の知人の中にもサポステ利用者がいて、おおむね満足されているようです。あなたも身近のサポステの所在を調べてみてはいかがでしょうか。

広告

地域若者サポートステーションとは

地域若者サポートステーションとは、15歳から39歳までの若者に対し、キャリアコンサルタントの就職相談や、コミュニケーション訓練など、就労支援を行う、厚生労働省の支援事業です。

運営は厚生労働省が委託するNPO団体や株式会社が実施しており、2016年5月現在で全国に160個所設置されています。

  • 働きたいけどどうすれば良いか
  • 仕事をするための自信が欲しい
  • 仕事をするのが怖い
  • 人付き合いが苦手で困っている

といった、仕事を中心とした悩みを持っている、あなたと同じような人たちへのサポートを行っています。

例えば、あなたが、

  • まだ働いたことが無く、これから働きたいけどどうすればよいか
  • 30代を超えていて、民間の就職支援サービスを受けられない

といったケースで利用できます。

平成26年度時点の実績で、総利用件数は52万件を超えています。平成26年度の1年間に進路決定したサポステ利用者は2万人を超え、9割にあたる約18,000人が就職しています。

なお、サポステでは職業斡旋は行っていないため、ハローワーク代わりの利用には向いていません。

主な支援内容

  • キャリアコンサルタントによる相談
  • 職場体験などの就職支援プログラム
  • 各種セミナーなど

例えば農業体験やパソコン教室は、割とポピュラーな支援プログラムのようです。

各種NPOや保険・福祉機関とも連携を取ることで、就職支援以外のサポートも受けられる場合があります。例えば、うつ病などを理由に、就職が困難な場合には、治療を受けられる病院などの紹介を受けられるかもしれません。

詳しいサポート内容は最寄のサポステにお尋ねください。

臨床心理士との相談

臨床心理士とは、人の心の問題を聞き、その問題を解決するための「心の専門家」です。あなたが現在不安や心配に思っている事柄を相談することで、その問題を解決できる可能性があります。

例えば、「育て上げネット」発行の若年無業者白書によれば、特に就業経験が無いままに年齢を重ねた若年無業の方は、失敗に対する恐怖が大きすぎて行動できないことが示されています。

今のあなたにも当てはまるかもしれません。

このような失敗を極度に恐れる姿勢は、就職活動時にも「面接で失敗したらどうしよう」という意識に結びつきやすいため、就業を妨げる要因になっている可能性があります。

臨床心理士に相談することで、その恐怖感の全てが取り払われるとは限らないでしょうが、それを踏まえてどうすればよいかという道しるべは導き出せると思います。

コミュニケーションセミナー

ニート状態が続くなどして、人と接する機会が減るとコミュニケーション能力が低下しがちです。あなたが現在相談ごとができる友人がいないのであれば、なおさらかもしれません。

そんな時に有用なのがコミュニケーションセミナーです。

ソーシャルスキルトレーニング

ソーシャルスキルトレーニングとは、対人関係や集団行動を営む為のスキルトレーニングで、主に職場で生じうるシチュエーション(例えば上司の叱責など)をロールプレイングにて学ぶものです。

発達障害の克服のために利用されることも多いようです。

働いている人の講演など

実際に働いている人の体験談などを講演にて紹介します。

働きたくないと考えて無職になっている方も少なからずいらっしゃいます。ネット上の各種コンテンツには、働くことの弊害(ブラック企業や社畜という言葉に代表されるような)を訴える物が多いため、たしかにそれらを見ていれば「働きたくない」と感じるのも無理はありません。

一方で、働くことに喜びを見出し、毎日活き活きと仕事をされている方がいらっしゃるのも事実です。筆者の経験的にも、各種アンケート結果を見ても、仕事に充実感を感じている方ほど年収が高く、より良い生活をされている傾向にあるようです。

いずれは生活保護を貰うと考えるのは簡単です。ですが、必ずももらえるとは限らないこと、またもらえたところでそれは最低限度の収入でしかない(しかもケースワーカーに事細かにチェックされる)ことは知っておいたほうが良いです。

それよりだったら働く楽しさを知り、大きなお金を得てアーリーリタイヤするほうが良いと思いませんか。

サポステ利用時の注意点

サポステは原則無料で利用できるのですが、一部のセミナーなどには参加料など費用負担を求めれられる場合があります。数百円といった少額ならば良いのですが、稀に数十万といった高額のセミナーも行われていたとの記事も散見されます。

このような劣悪な施設が含まれていた背景には、サポステは厚生労働省が委託した機関が行うために、日本全国のサポステを運営する組織が異なる点が挙げられます。そのため、支援プログラムや運営方針にも違いが生じているためです。

サポステは、若者の就労支援を行うのが目的であり、そこで数十万という金銭のやり取りが生じるのであれば、それは単なる貧困ビジネスです。

そのようなサポステは利用する価値はありません。

実際に中に入ってみないとわからないのが怖いところですが、利用時にはそういう事例があることも知っておくと良いと思います。

最初はご家族や心の許せる友人と一緒に来所し、継続利用するかは家族と相談されるのが良いかもしれませんね

[スポンサーリンク]

まとめ

  • サポステは日本全国の主要都市に設置された、厚生労働省管轄の就職支援事業
  • キャリアカウンセリング、ソーシャルスキルトレーニングなどを通じて、あなたの不安や悩みをサポート
  • 利用者とのトラブルが起きたケースもあり。最初はご両親や友人らと尋ねてみて

ちなみに筆者の知人にサポステ利用経験者がいたため、本記事はその方の経験談も踏まえて作成しました。その方が利用されているサポステは支援が充実しているようです。

にっちもさっちもいかない状況なら、ぜひ試してみて。

更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE運用ポリシー・配信サンプル等はこちら

正社員として働きたいあなたへ

  • 就職活動の方法がわからない。何から始めればいいのか
  • 周囲はみんな正社員として働いている。ニート・フリーターの自分だけが取り残されている
  • 働いてみたいけど、スキルがないから無理だろうな・・・

あなたがそう考えているなら、「ジェイック営業カレッジ」を試してみてはいかがでしょうか。

  • 東京のみならず、大阪や名古屋、福岡、宮城などで、日本各地で利用できます
  • 2週間の研修を通じて、あなたは就職活動のスキルと、物事を主体的に取り組む力を手にします
  • 専任のアドバイザーがあなたを親身にサポート。内定~入社後もあなたの不安を相談できる体制が整っています

1万人以上の既卒、ニートやフリーターらを支援した「ジェイック営業カレッジ」を頼ってみてください。筆者がオススメできる安心のサービスです。

ジェイック営業カレッジの紹介記事を読む

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- 2015-2018

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。