無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > 無職・ニートの就職活動 > 無職・ニートはどんな職種に就職しているのか

公開日:2017年09月27日 最終更新日:2017年09月28日 

無職・ニートはどんな職種に就職しているのか

現在、無職・ニート状態にあるあなたが仕事を選ぶとしたら。どんな仕事を選べば良いと思いますか?

  • お金が稼げる仕事がいい
  • でも、楽な仕事のほうがいい

まあ、こんなところでしょうか。

何か具体的な職種が頭に思い浮かぶなら、このサイトは見に来てませんよね

そこで以下では、就職支援を行うNPO団体がまとめた資料を参考に、

  • 無職・ニートはどんな仕事に就いたのか
  • それを踏まえ、あなたはどう職種を選ぶべきか

を紹介します。

残念ながら、あなたの過去の職歴が乏しいほど、選べる仕事も肉体労働系が強くなってしまいます。

しかし、「無職・ニートは仕事がない」とは限らないので、諦める必要はないんです。

>>【就職活動の方法がわからないあなたへ】20代利用者の70%超が正社員になれたニート・フリーター向けのオススメ就職支援サービスを一挙紹介!<<

無職・ニートはどんな職種に就職しているのか

ここでは、NPO団体「特定非営利活動法人 育て上げネット」が発行した「若年無業者白書2014-2015」より、同団体が支援を行った若年無業者(10~30代の無職・ニート・引きこもり状態の方)の就職状況を紹介します。

特定非営利活動法人 育て上げネット

この書籍によると、就職を決定した人の母数は870人です。

以下では、下記3つの条件下において、支援を通じて就職した人数が10人を超えた職種を挙げます。

なお、NPOの就職支援を利用しやすい人々の特徴として、

  • 特にやりたい仕事があるわけでもなく
  • あまり行動的ではなく
  • 失敗したり恥をかいたりするのがイヤで
  • ハローワークなどでは自身の適職を探せない
  • 両親が将来を心配して支援をお願いする

といった属性の方が多いです。

あなたがとてもアクティブな性格で、どんな状況下も臆することなく渡っていけるならば、以下の記事はあまり役に立たないと思います。

正社員経験のある無職・ニート

かつて正社員として働いた経験のある無職・ニートの事例です。

彼らの主な就職先として、

  • 事務職
  • 医療・福祉(介護)関係
  • 製造業の生産工程従事(工場の作業員など)
  • 情報通信業(SEなど)

などが挙げられています。

以前の正社員経験を活かし、同じジャンルの仕事に再就職したケースが一定数含まれていることが指摘されています。

一方、必ずしも正社員ではなく、より短時間労働となりやすい非正規雇用を選択したケースが含まれていることも指摘されています。

非正規雇用経験のある無職・ニート

かつてアルバイトや契約社員として働いた経験のある無職・ニートの事例です。このグループには、正社員勤務の経験は含まれません。

彼らの主な就職先として、

  • 製造業の生産工程従事(工場の作業員など)
  • 運輸業・運輸従事者(倉庫内勤務)
  • 情報通信業(SEなど)
  • 卸売り・小売業・販売従事者
  • 飲食業や宿泊業などのサービス従事者

などが挙げられています。

多くの人が正社員以外の勤務先に就職しています。1度も正社員経験がないと、支援後の再就職先も非正規雇用になりやすいようです。

就職先の職種は、ご覧の通り、人手不足が深刻な業界が特に多くなっています。ネット上では嫌われることが多い、飲食業なども、主要な就職先の1つとして挙がっています。

正規・非正規雇用とも経験のない無職・ニート

このグループは高校や大学を卒業、もしくは中退後に一度も働いたことのない集団です。

彼らの主な就職先として、

  • 製造業の生産工程従事(工場の作業員など)
  • 運輸業・運輸従事者(倉庫内勤務)
  • 卸売り・小売業・販売従事者

などが挙げられています。

事務職や情報系(SE)へ就職した事例が消えてしまいました。体力に自信がない人たちには厳しいですが、肉体労働系への就職事例が多い点が指摘されています。

あなたが働ける職種はどのように選ぶか

では、ここからはあなたのお仕事のお話。

上記から重要なポイントをいくつかまとめます。

あなたに正社員雇用の実績がある場合

あなたに正社員雇用の実績がある場合には、以下のような仕事を探すのが良いと思います。

  • かつて正社員として働いていた仕事と同じ、もしくは類似する業種
  • 病気などを理由に労働が難しい場合には、非正規雇用の事務職やSEなどを探す
  • 肉体労働でも良いならば、介護や工場勤務、小売業店舗での販売など

この中で一番有利なのは、かつて正社員として働いていた仕事と同じ、もしくは類似する業種でしょうか。

仕事の内容もおおよそ検討がつくでしょうし、採用面接でのやりとりも答えやすいと思います。

もちろん、「空白期間」の対策は必要ですけどね(ニートの就職活動で「空白期間は何してた?」と聞かれたら)。

もしあなたが就職したい職種を変更する場合には、あなたが、

  • 頭を使って働きたいのか
  • 体を使って働きたいのか

を考える必要があります。

あなたの属性を考えると、事務職やSE等を目指したほうが良いかもしれませんね(フリーターでも就職できるパソコン関係のお仕事)。

あなたに正社員雇用の実績がなく、非正規雇用の実績がある場合

あなたに正社員雇用の実績がなく、非正規雇用の実績がある場合には、以下のような仕事を探すのが良いと思います。

  • かつて非正規雇用として働いていた仕事と同じ、もしくは類似する業種
  • 病気などを理由に労働が難しい場合には、非正規雇用の事務職やSEなどを探す
  • 肉体労働でも良いならば、介護や工場勤務、小売業店舗での販売など

筆者個人としては、かつて非正規雇用として働いていた仕事と同じ、もしくは類似する業種の正社員を目指すのも良いと思います。

ちょっとした挑戦が必要にはなるものの、やはり業務経験があるなら、そこが強みになると感じます。

職種を変更する場合には、やはり、

  • 頭を使って働きたいのか
  • 体を使って働きたいのか

を考える必要があります。

それなりに職業の選択性が残っていますので、あなたの特徴に基づいて絞り込むと良いと思います。

あなたに職歴がない場合

あなたに職歴がない場合には、選択肢が少なく、少し厳しい状況になります。

もしあなたが29歳以下の場合には、後述する就職支援サービスを使って、未経験でも応募できる仕事を探すべきです。

一方、30歳を越えているならば、就職支援サービスを利用できないため、工場勤務などの肉体労働が主体になってしまいます。

肉体系はちょっと辛いですか?

もし、あなたが頭を使って働く仕事を選びたいなら、ハローワークの求職者支援制度などを利用して、各種資格を取ってみるのも1つの手だと思います(26歳フリーターが正社員で就職!体験談を語ってみる)。

ただ、闇雲の資格を取れば採用されるわけではないので、そこは戦略的に検討するようになさってください(無職・ニートは資格の勉強をしてはいけない2つの理由)。

20代職歴なしから就職する方法も合わせてどうぞ。

あなたが29歳以下なら就職支援サービスを使おう

あなたが29歳以下なら、あなたの過去の職歴を問わず、就職支援サービスを利用して、キャリアカウンセリングを受けてみましょう(無職・フリーターから正社員に!知っておくべき就職支援サービスの活用方法)。

2017年現在なら、あなたの職歴の有無に関わらず、未経験者を募集している仕事に応募するチャンスがあります

就職支援サービスが提供する求人案件は、NPOが支援するものよりも多様性があり、もっと条件が良いものも多いです。

まだ、諦めるのは早いのです。

今はやりたい仕事や、向いている仕事がわからなくても大丈夫です。

キャリアカウンセリングを通じて、

  • あなたに向いている仕事が何か?
  • あなたの長所は何か?

を見出してみませんか。

まとめ

  • NPOの無職・ニート支援状況によると、過去の職歴が貧弱になるほど肉体労働に落ち着く可能性が高まる
  • 基本は、過去の職歴をそのまま生かせる職種へ応募したい
  • あなたが29歳以下なら就職支援サービスの利用も検討してみて

NPOの支援状況を見る限り、あなたの過去の職歴は大切です。

あなたが正社員としての雇用を希望しているならば、過去の仕事と同じか、それを活かせる職種を選ぶのが無難な選択だと筆者は考えます。

もし、あなたが29歳以下ならば、就職支援サービスを利用して大胆に職種を変更することも可能です。

あなたの状況に応じてチャレンジしてみてください。

自分の適職がわからないなら、就職支援サービスのキャリアカウンセリングも受けてみてね。

正社員として働きたいあなたへ

  • 就職活動の方法がわからない。何から始めればいいのか
  • 周囲はみんな正社員として働いている。ニート・フリーターの自分だけが取り残されている
  • 働いてみたいけど、スキルがないから無理だろうな・・・

あなたがそう考えているなら、「ジェイック営業カレッジ」を試してみてはいかがでしょうか。

  • 東京のみならず、大阪や名古屋、福岡、宮城などで、日本各地で利用できます
  • 2週間の研修を通じて、あなたは就職活動のスキルと、物事を主体的に取り組む力を手にします
  • 専任のアドバイザーがあなたを親身にサポート。内定~入社後もあなたの不安を相談できる体制が整っています

1万人以上の既卒、ニートやフリーターらを支援した「ジェイック営業カレッジ」を頼ってみてください。筆者がオススメできる安心のサービスです。

ジェイック営業カレッジの紹介記事を読む


フリーター就職・既卒就職なら【JAIC(ジェイック)】 無料説明会申込

広告

広告

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- since 2015

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。