無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > 無職・ニートの就職活動 > 無職・ニートが再就職するために捨てたほうが良い考え方

執筆者:Mirai Takebe 運営者に問い合わせる

公開日:2015年07月24日 最終更新日:2017年09月30日 

無職・ニートが再就職するために捨てたほうが良い考え方

筆者が見る限り、無職・ニートの方にはある共通の考え方があります。

きっとあなたも1つぐらい当てはまってるはず!?

それらは再就職するに当たって、やめたほうが良いと思うものです。

詳細は後述しますが、例えば「自分は社会に必要とされていない」という自己中心的な考え方はあまりよくないです。

少しぐらいアホみたいに「社会がオレを求めている!!!」って自分を奮い立たせたほうが、元気が出てくると思います。

実際、あなたの力を求めている人がいるのですから(「仕事がない、どうしよう」と思ったら?無職・ニートでもできる仕事の探し方)。

広告

再就職のために捨てたい考え方

自分は社会に必要とされていないという考え方

「自分は社会に必要とされていない」という考え方は今すぐ捨てるべきです。

この発言、新卒の就職活動にあぶれた大学生がよく発するのですが、実はちょっと変な表現なんです。

だって、もしあなたが社会に必要とされている人間なら、必要とする人があなたのことを探しに来るはずです。

でも、冷静に考えてみてください。そんな話ありえないですよね。

そもそも、社会から必要とされる人物とはどんな人物でしょうか?

おそらくよほど大金持ちだったり、会社を運営していたりと、限られているはずです。

ほとんどの仕事は、誰が作業しても成り立つように効率化されていますから、あなたなければいけないという仕事は意外と少ないものです(働くのが怖い無職・ニートのあなたへ。まずは慣れを目指そう!)。

そこで、考え方を変えましょう。

「あなたが社会に対して何をできるか」を考えるのです。

一番手っ取り早いのは、目の前で困っている人に対してその手助けをすること。別に企業に属さなくても、こんな簡単なことで社会の役に立つ人になることができます。

企業に対するときも同じです。

「私を必要としてください」とお願いするのではなく、「自分を採用することで、御社にはこれだけのメリットがある」と、自分を売り込むのです。

もしあなたに営業職の経験があれば、自分と言う「商品」の営業は簡単ですよね?

労働時間が短く給与とボーナスのしっかりした会社があるという考え方

あなたは前職の経験から、労働時間が短く給与とボーナスのしっかりした、いわゆるホワイト企業への再就職を希望しているかもしれません。

残業も無く、ゆるい仕事内容で、和気藹々とした会社なら働きたい、そう考えていませんか。

残念ながら、そんな完璧な企業はありません。

売り上げを伸ばす給与の良い会社というのは、残業や土曜日出勤が当たり前だったりするものです。

そのような企業をブラック企業と決めつけ、日本の制度不備を嘆いていても、再就職はできません

残念ですが、今のあなたが正社員に再就職するためには、「完璧な思考」を考え直す必要があります。

失敗してはいけないと言う完ぺき主義的な考え方

面接で失敗するのが怖いと考えているあなたは、実はプライドの高い完ぺき志向なのかもしれません。

  • 失敗して、誰かに笑われたりするのが恥ずかしいですか?
  • 中途半端な出来の書類を成果物ですといって出すことは出来ますか?

例えば、完璧主義にも長所はあります。

黙々と高みを目指し、優れた製品・作品を作ろうとするその姿は、技術者、研究者、芸術家などさまざまな職業に応用可能です。

何かを追求し続ける仕事に向いていると思います。

一方で、特に納期までのスピードが重視される現在の社会では、10日で100点の出来よりも、1日で60点の出来のほうが評価される傾向にあります。

不完全でも物が早くできるということは、それだけ待ち時間が減ることですから、皆がより効率的に動けるためです。

この、60点を失敗と考えてしまうと、それだけ仕事で苦しむことになります。

ところで、筆者が書くまでも無く、日本社会そのものが完璧主義的なところがあります

企業が求める、新卒で即戦力でコミュニケーション能力があり、何事にも挑戦している人材なんて、まさにその典型です。

あなたが求める労働時間が短く給与とボーナスのしっかりした会社が無いのと同様に、即戦力でコミュニケーション能力があり、何事にも挑戦している人材もまた本当に存在するのか微妙なところです。

このあたりのミスマッチが解消されると、仕事探しはもっと簡単になると思うんですけどね。

年上と年下という考え方

あなたが30代を超えていると、正社員だろうがパートだろうが、あなたの先輩は年下という状況も多々出てきます。

ここで、あなたが無意識的に年上が偉いと考えているといろいろ問題をおこす可能性があります。

想像してみてください。

  • 面接官が20代前半の若い社員だったらどうしますか?
  • あなたに作業を教えてくれるバイトリーダーが大学生だったら?
  • あなたの上司が10年も年下で、ため口で話しかけてきたら?

筆者は、仕事先ではどんな立場の人に対しても敬語で接することをオススメします。

たとえ、あなたが30代で大学生に仕事を教えてもらうことになったとしても、です。

相手が年下だろうが、自分に何かを教えてくれる人はみな大切な存在です。

21世紀の価値観では、人間の出来は年齢だけでは決まらないと筆者は考えます。

年齢にこだわらないほうが、できる人間としての印象を与えられるはずです。

お年寄りを尊敬すべきだろうか?という質問に対して、まわりの人々の一番多い回答は「その人が尊敬すべき人格なら」だ。

もはや歳をとっている、というだけでは尊敬されることはない。老人のもつ知識は陳腐化し、経験は現状にそぐわない。年寄りは増え、長寿はもはや珍しくない。

40歳になり「尊敬もされず、友達もない孤独な老人」に思いを馳せる。 | Books&Apps

ちなみに、「年下の上司」を解消するために、年齢が高い場合には無条件で不採用にする場合もあります。

「こんな無職・ニート、採用します!」企業の裏事情をちょっぴり公開」にも書きましたが、儒教の概念もあって、やっぱり難しいんですよね。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 「自分は社会に必要とされていないという考え方」はやめよう。そう考えても意味がない
  • 完璧な企業、完璧な働き方を求めるのは難しい。就職活動や正社員の働き方にはある程度の「緩さ」が必要
  • 「年上は偉い」という考え方は現代的ではない。もはや年齢だけで尊敬される時代は終わった

最初の「自分は社会に必要とされていない」という考えは、自己中心的な考え方ですよね。

もともと「自分は社会に必要とされるべき」という考えがあったからこそ、「自分は社会に必要とされていない」という考えが生じるわけです。

そのほか、「自分は何もできない」「自分はダメな人間だ」などという考え方も、一見単なる弱気な考えに見えますが、実際には自分の内面しか見ていない自己中心さからもたらされているのかもしれません。

アドラー心理学では、他者に貢献する他者貢献こそ、幸福を生み出す方法だと説いています。

再就職を果たしてあなたが幸せになりたいと思うのであれば、どうすればあなたが貢献できるのかを考えてみてください

そうすれば、いつの間にかあなたは社会に必要とされる人間になっているはずです。

説教的な話題で申し訳ありませんでした。

更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE運用ポリシー・配信サンプル等はこちら

正社員として働きたいあなたへ

  • 就職活動の方法がわからない。何から始めればいいのか
  • 周囲はみんな正社員として働いている。ニート・フリーターの自分だけが取り残されている
  • 働いてみたいけど、スキルがないから無理だろうな・・・

あなたがそう考えているなら、「ジェイック営業カレッジ」を試してみてはいかがでしょうか。

  • 東京のみならず、大阪や名古屋、福岡、宮城などで、日本各地で利用できます
  • 2週間の研修を通じて、あなたは就職活動のスキルと、物事を主体的に取り組む力を手にします
  • 専任のアドバイザーがあなたを親身にサポート。内定~入社後もあなたの不安を相談できる体制が整っています

1万人以上の既卒、ニートやフリーターらを支援した「ジェイック営業カレッジ」を頼ってみてください。筆者がオススメできる安心のサービスです。

ジェイック営業カレッジの紹介記事を読む

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- 2015-2018

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。