無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > 無職・ニートの就職活動 > 「ニートが不採用になるのはスキル・資格がないから」は本当か

公開日:2018年01月31日 最終更新日:2018年01月31日 

「ニートが不採用になるのはスキル・資格がないから」は本当か

この記事は、就職活動経験のあるニート・フリーター状態のあなたにささげます。

例えば面接を複数回経験し、それが全て不採用だった場合、あなたはどういった原因で不採用になったと考えるでしょうか。

この場合に、よく話題に挙がるテーマの1つに「スキル」の話があります。

「ニート・フリーターはスキルがないから雇ってもらえない」と考え、資格勉強を始める場合ってありますよね。

しかし、資格を含め、特定の技能を身につけるための取り組みは、時間の無駄で終わってしまう可能性があります。

「資格があれば雇ってもらえる」は、必ずしも成立しないからです。

関連記事:無職・ニートは資格の勉強をしてはいけない2つの理由

そこで以下では、資格勉強や何らかの技能を身につけようとする前に見直すべきことを紹介したいと思います。

なお、資格を勉強したいニートと言っても、

  • 単に暇つぶし・知見を広げたいだけ
  • スキルが無いのが不安だから資格が欲しい
  • 就職を目的として資格を勉強したい

など、いろいろあるでしょうが、ここでは3番目の「就職活動を目的としての資格勉強」を前提に話を進めます。

広告

「スキルがないから面接で落ちた」は本当?

不採用の理由は本当に「スキル不足」なのか

例えば、あなたがすでに採用試験を受けたことがあるとします。

というか、それで何度も不採用を経験しているからこそ、資格勉強に舵を進めたのかもしれませんが。

ただ、その不採用の原因と本当にスキルがないことが理由だったのでしょうか

例えば、フリーターやニートのよくある面接失敗談として、

  • 面接でしゃべりすぎてしまう
  • 逆に面接でうまくしゃべれなかった

といったコミュニケーションの問題があります。

もし、コミュニケーション不全で不採用となったのに、「うまくいかなかったのはスキルがないからだ」と考えると大きな回り道をすることになるかもしれません。

こんなことに思い当たる節はない?

面接で「かっこいい話」をしてない?

空白期間のことを隠すために、面接で「かっこいい話」をしていませんか?

本当は自宅に閉じこもっていたのに、毎日ボランティアに勤しんでいたなど。

もし、その話がばれていたなら、スキル以前の話ですよね。

そもそも面接でちゃんと会話できた?

面接は面接官とあなたとのコミュニケーションの場であり、何よりきちんと話が通じることがまず大切です。

緊張のあまり、言うべきことや言う必要ないことがごっちゃになり、頭真っ白になりながら受け答えしたのではないでしょうか。

もしそうなら、やはりこれもスキル以前の話です。

スキル以上にコミュニケーションは大切

たとえ、あなたが資格を取得し、望むスキルを手にしたとしても、面接でまともに会話ができないと採用してもらえる可能性は下がります。

理由は簡単で、採用後にあなたは上司の下で働くのですから、きちんと意思疎通できないと仕事にならないからです。

海外の職場では、会話のできない「ギーク」な人間も採用されるかもしれませんが、日本の職場の多くは周囲と適切に強調を取れるほうが優遇されます。

日本企業では「能力不足」よりも「態度の悪さ」のほうが問題になりやすいという傾向がハッキリと指摘されている。

(中略)

企業は、態度が悪い人(または空気を読まない人)に対して制裁を加えるために強権発動をする時がある。
日本企業では「能力不足」よりも「態度の悪さ」のほうが問題になる。 | Books&Apps

なので、あなたが「資格」一辺倒になっているなら、「本当にそうなの?」と考えてみて欲しいなと思うわけです。

あなたに不足するスキルは「社会人基礎力」

「資格をとらずにどうやって就職するんだよ!!」というあなたのために、一緒に就職の対策方法も考えていきます。

おそらく、今あなたに不足するスキルは「社会人基礎力」と呼ばれるもので、特定の仕事に対する技能ではないと筆者は考えます(あなたが30歳を超えると、特定の技能がないために不採用になる可能性も高まります)。

社会人基礎力とは、経済産業省が提唱する、社会人に求められる基本的な力のことです。

「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されており、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、経済産業省が2006年から提唱しています。
社会人基礎力 | 経済産業省

  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ、巻き込む力
  • 実行力:目的を設定し、確実に行動する力
  • 課題発見力:現状を分析し、目的や課題を明らかにする力
  • 計画力:課題の解決に向けたプロセスを明らかにし、準備する力
  • 想像力:新しい価値を生み出す力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聞く力
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
  • 状況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力

面接で特に重要になるのは「発信力・傾聴力・柔軟性・状況把握力」になるでしょうか。

特に、人前での会話が不慣れなフリーターやニートの方は、自身の意見を分かりやすく伝えること、また、相手の意見を聞き、適切に返答することを難しく感じている傾向にあります。

もし、それがあなたにも当てはまるなら、あなたが鍛えるべきは「人と話す力」なのだと筆者は考えます。

人と話す力を鍛える方法

  • とにかく人と話す(友達でも良いが、目上の人と話す機会が欲しい)
  • あなたの特性をしっかり把握する

筆者が就職支援サービスで働く方に聞いたところでは、「自分自身の特性をしっかり把握していないから、面接で聞かれても答えられない」といった意見を聞くことがありました。

  • あなたの長所や短所はなんですか
  • あなたの特技はなんですか
  • 今までで一番うれしかったことはなんですか

こういった質問はどの面接でも問われやすいことですから、今一度自己分析を行って欲しいと思います(ただし、1ヶ月、2ヶ月・・・と時間をかけすぎて「自己分析に時間をかけてました」と面接で言うようなことはしないように)。

人と話す機会が無いのならば、就職支援サービスを利用して、カウンセラーの方と話すのも良いと思いますよ!

特定のスキルや資格に囚われないで欲しい

この記事で訴えたいのは、「特定のスキルや資格がないから採用されない」という考えに囚われないで欲しい、と部分です。

そもそも会社の仕事って、その会社特有の仕事も多いので、別にスキルや資格がなくてもできることも多いんです。

もちろん技能や資格が必要な仕事もあります。プログラマーはプログラミング経験がものを言いますし、弁護士になるには弁護士の資格が必要なように。

なので、あなたが「資格があれば雇ってもらえるはず」と安直に考えるのではなく、「その仕事に就くために、本当に資格は必要なのか」と考えてほしいな、と思います。

それで資格なり技能なりが必要なのでしたら、その時はその勉強を始めてみてください。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 「ニートはスキルがないから雇われない」のイメージに注意。資格取得を目的とすると、就職活動を遠回りしてしまう可能性
  • 面接での受け答えを振り返ってみよう。スキルの話以前に、きちんと会話することはできただろうか。頭真っ白になって、何も覚えていないのでは?
  • 自分の特徴や性格をしっかり振り返ってみよう。長所も短所も把握することは面接対策に繋がる

スキルも大切ですが、それ以上にコミュニケーションが重視されていることも忘れないでくださいね。

更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE運用ポリシー・配信サンプル等はこちら

正社員として働きたいあなたへ

  • 就職活動の方法がわからない。何から始めればいいのか
  • 周囲はみんな正社員として働いている。ニート・フリーターの自分だけが取り残されている
  • 働いてみたいけど、スキルがないから無理だろうな・・・

あなたがそう考えているなら、「ジェイック営業カレッジ」を試してみてはいかがでしょうか。

  • 東京のみならず、大阪や名古屋、福岡、宮城などで、日本各地で利用できます
  • 2週間の研修を通じて、あなたは就職活動のスキルと、物事を主体的に取り組む力を手にします
  • 専任のアドバイザーがあなたを親身にサポート。内定~入社後もあなたの不安を相談できる体制が整っています

1万人以上の既卒、ニートやフリーターらを支援した「ジェイック営業カレッジ」を頼ってみてください。筆者がオススメできる安心のサービスです。

ジェイック営業カレッジの紹介記事を読む


フリーター就職・既卒就職なら【JAIC(ジェイック)】 無料説明会申込

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- 2015-2018

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。