無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > 無職・ニートの就職活動 > ニートでも正社員就職しやすい人手不足の業界はどこか

執筆者:Mirai Takebe 運営者に問い合わせる

公開日:2018年02月02日 最終更新日:2018年02月02日 

ニートでも正社員就職しやすい人手不足の業界はどこか

世の中では人手不足と言われてるのに、採用されない

あなたはこのような悩みを抱えていませんか。

たしかに2018年現在の日本は労働力が不足していますが、一方で全ての企業・業界で不足しているとは限りません。

新卒の就活生が大手企業や上場企業ばかりを希望するのと同じように、業界で見ても慢性的な人手不足の業界とそうでない業界があります

もし、単純に就職するだけならば、人手不足の業界を狙ったほうが簡単です(もちろん、あなたの性格的特性は考えるべきですが)。

そこで、以下ではどのような業界は勝ち目があり、どのような業界は勝ち目がないのかを紹介します。

求人案件を選ぶ際のヒントにしてみてね。

広告

統計を参考に人手不足の業界を見極めよう

人手不足の業界は、必然的に求人意欲の高い業界になります。

そこで、ここでは総務省がまとめた統計を、経済産業省経済解析室が加工した円グラフを紹介します。

参考:求人意欲、アウトプットレベルの変化に基づく4つの場合分け | 経済産業省

参考:労働力調査 | 総務省

この図は、ざっくりと説明すると以下のようになります。

  • 赤とオレンジは求人意欲が高い業界です
  • 緑と青は求人意欲が低い業界です

ただし、リーマンショック前との比較で着色されているため、求人意欲があっても縮小傾向の業界は緑や青で着色される傾向があります。

求人意欲の高い業界はどこか

ラベリングされている業界は以下です。

特に赤で着色されているもの(とりわけ求人意欲が高い)を強調表示します。

  • 医療・福祉
  • 小売
  • 建設
  • 宿泊業・飲食サービス
  • 卸売業
  • 教育・学習支援
  • 食料品
  • 不動産業・物品賃貸業
  • 金属製品製造業
  • 複合サービス事業(郵便局や協同組合などのこと)

求人意欲の低い業界はどこか

ラベリングされている業界は以下です。

特に青で着色されているもの(とりわけ求人意欲が低い)を強調表示します。

  • 運輸業・郵便業
  • 情報通信業
  • 金融業・保険業
  • 汎用・生産用・業務用機械
  • 輸送用機械器具製造業
  • 電気機械器具製造業
  • プラスチック製品製造業
  • 印刷関連

製造関連の需要が軒並み低くなっていますが、ポスティングされるアルバイト募集のチラシを眺める限りはまだまだ採用の可能性は高いと感じます。

ざっくりとまとめると

  • 求人意欲の高い業界は、対個人向けのサービスが求められる業界が多め
  • 求人意欲の低い業界は、製造など何かを生産する業界が多め

です。

このあたりは、おそらくあなたもなんとなく感じているのと同じ結果になっているのではないでしょうか?

どの業界に就職すれば良いか・おすすめの業界はどこか

あなた自身が考えるしかない

「オススメはどこか」という質問の答えは難しいです。

なぜなら、あなたの性格や特性、希望を無視して、「ここがオススメ」と押し付けるように説明するわけにはいかないからです。

例えば、筆者が、

「飲食いいよ。超おすすめ」

とオススメしたとしても、あなたにとっては、

「飲食って「○タミ」のイメージがあるから絶対イヤ」

ってなる可能性もありますよね。

そのため、あなたにとって最良の業界はあなた自身の責任で考えて欲しいのです。

業界の働き方を勉強する方法

参考までに、業界の働き方やイメージを膨らませる方法として、

  • 実際に働いている人をみつけて聞いてみる
  • 実際の店舗やサービスを利用してみる
  • 新卒生向けの就職情報サイト(リクナビ等)のコラムをチェック
  • 書籍(業界研究本)などを読む
  • ハローワークや就職支援サービスなどを利用して聞いてみる

などが挙げられます。

働き方をイメージできないならば「就職支援」を受けよう

就労経験のない方は、このあたりの働き方のイメージがいまいちわからない・想像できないといったケースも多いと思います。

働いたことがあったとしても、他業界の働き方などよくわからないのですから。

そこで、あなたが働き方をイメージできないならば、就職支援を受け、キャリアカウンセラーに働き方のイメージを聞いてみるのが良いと思います。

就職支援を担当する彼らは、各業界とつながりを持っており、同時に独自の資料も保有するなど、たくさんの情報を持っています。

あなたが一人でインターネットで情報を収集するよりも、はるかに効率良く情報を得られるはずです。

関連記事:無職・ニートが正社員になるためのオススメの就職支援サービス3選

参考:就職したニートは人手不足の業界を選んでいた!

以下の記事では、NPO団体が就職支援したニートが、どのような仕事に就いているのかを紹介しています。

関連記事:無職・ニートはどんな職種に就職しているのか

これによると、基本的には様々な業種に就職しているとはいえ、

  • 医療・福祉(介護)関係
  • 卸売り・小売業・販売従事者
  • 飲食業や宿泊業などのサービス従事者

などに就職した事例も多く見られます。

これら業界は給料が安いことや人間関係に難を抱える職場があることも知られますが、一方で慢性的な人手不足の業界ゆえ、まったくの未経験でも挑戦しやすい特徴を持ちます。

給料が高いと良いんですけどね。

せっかく就職しても年収200万円とかでは、ちょっと辛いですもんね。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 求人意欲の高い業界は、小売や医療・福祉、飲食など対個人向けのサービスが求められる業界が多め
  • 求人意欲の低い業界は、製造など何かを生産する業界が多め。ただし、筆者がポスティングのチラシを見る限り、工場求人はまだまだ多いと思う
  • 就労経験のないニートは求人意欲の高い業界に就職することが多い模様。業界の特徴などを詳しく知りたいなら、就職支援を使ってみよう

あなたに最適なお仕事が見つかりますように。

更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE運用ポリシー・配信サンプル等はこちら

正社員として働きたいあなたへ

  • 就職活動の方法がわからない。何から始めればいいのか
  • 周囲はみんな正社員として働いている。ニート・フリーターの自分だけが取り残されている
  • 働いてみたいけど、スキルがないから無理だろうな・・・

あなたがそう考えているなら、「ジェイック営業カレッジ」を試してみてはいかがでしょうか。

  • 東京のみならず、大阪や名古屋、福岡、宮城などで、日本各地で利用できます
  • 2週間の研修を通じて、あなたは就職活動のスキルと、物事を主体的に取り組む力を手にします
  • 専任のアドバイザーがあなたを親身にサポート。内定~入社後もあなたの不安を相談できる体制が整っています

1万人以上の既卒、ニートやフリーターらを支援した「ジェイック営業カレッジ」を頼ってみてください。筆者がオススメできる安心のサービスです。

ジェイック営業カレッジの紹介記事を読む

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- 2015-2018

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。