無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > その他コラム > 時間泥棒とは距離を置くこと

執筆者:Mirai Takebe 運営者に問い合わせる

時間泥棒とは距離を置くこと

時間泥棒は私たちの大敵です。 彼らは、私たちの貴重なリソースである時間を、あの手この手を使って奪っていこうとします。

時間は有限です。 無駄に浪費しているその時間を、自身を高めるための時間に変えてみてください。

公開日:2015年06月22日 最終更新日:2016年01月16日 

広告

はじめに

私たちの身近には様々な「時間泥棒」が潜んでいます。 ある時はテレビ番組やスマホアプリ、ある時は人の姿で近寄ってくるかもしれません。

私たちはどんなにお金を稼ぐことは出来ても、時間を稼ぐことは出来ません。 しかも、20代でできることと40代でできること、60代でできることは必ずしもイコールではありません。

あなたの時間、ちゃんと守っていますか?

身近に潜む時間泥棒

身近には様々な時間泥棒が潜んでいます。

働くことはあなたの時間を売ること

そもそも、賃金労働そのものも、あなたの「時間」を売っている行為です。 仕事の内容はともあれ、私たちは1時間××円や、基本給××円という形で、私たちの時間を雇用者に売っています。

時間の売買だけならまだしも、日本の労働はそれだけですまないところが面倒なところです。

例えば、仕事先で、「無給で」ちょっとしたお願いごとをされることもあるかと思います。 サービス残業もまた、会社があなたの貴重な80年の一部を盗んでいるのと同じです。

テレビやスマホアプリは超危険な時間泥棒

テレビやスマホアプリは、時間泥棒の筆頭です。 ついつい1日中テレビを見ていたり、スマホをいじっていたりしませんか?

実は、筆者の周りで低収入に甘んじていたり、無職になったまま復帰できない人達は、例外なくテレビやゲーム、スマホアプリに時間を費やしています。 「仕事を探さなくちゃ」と言いつつ、一日中テレビを見て携帯をいじって時間を過ごしているのです。

テレビを見て芸能情報に詳しく慣れるかもしれませんが、ほとんどの仕事に役立ちません。 スマホアプリも同じで、仕事には役立たないどころか課金という形であなたの射幸心につけ込んできます。

時間泥棒が危険な理由

時間泥棒が危険な理由は単純です。 あなたの今の時間は、二度と取り戻すことができないからです。

「若いときにああしておけば、こうしておけば」

よく聞かれる後悔のセリフです。

これから再起を目指していたり、現在よりももっと高みを目指していたりするあなたにとって、最も貴重なリソースは時間です。 これを奪い取ろうとする人や企業に注意してください。 彼らは、権力ややりがいという抽象的な言葉、またはあなたの怠け心や娯楽が欲しいといった心を狙っています。

このような人達のために、あなたのリソースを無駄遣いする必要はありません。

非正規雇用で固定化してしまうと将来が苦しい

多くの人にとって、20代までの生き方が自身の将来を決めてしまいます。 本来は30代以降も自由な生き方を選択できるべきだと筆者は思うのですが、少なくとも会社に雇用されるという生き方で自由度が高いのは20代から30代までです。

あなたが、起業や自営のリスクを取らず、安定に人生を過ごしたいなら、この時間の生き方は大切です。

非正規雇用の苦しいところは、将来の保証がほとんど無い点です。 加えて、収入も現在をギリギリ生きられる程度の収入しか約束されないため、そのまま非正規枠に固定化してしまうと、自営業以上に将来が危ないと筆者は考えます。

時間泥棒から距離を置く方法

時間泥棒から距離を置く方法は簡単です。

  • 自身にとって意味の無い頼みごとは断る
  • テレビやスマホを利用する時間は決める
  • etc

たった、これだけです。

まず、人付き合いについては、自身に役に立たない付き合い、価値を生まない付き合いは考えたほうが良いです。

この手の考え方は、起業家やお金持ちになるための書籍でよく説かれています。 お金を生まない付き合い、むしろマイナスになるような付き合いはやめるというものです。

もしかしたら、あなたにとってあまり好きな考え方ではないかもしれませんね。

一方、テレビやスマホを利用時間を制限するのは、あなたの意志次第です。 テレビ観ない自慢とかうざいでしょうが、やっぱり稼ぐ人ほどテレビは観ないのです。 これは統計にも出ています。

2016年1月にニールセン株式会社が発表した調査結果では、低年収層ほど従来のメディア、新しいメディアとも利用時間が長いという結果が示されています。

ニールセン、米国のメディア視聴状況をまとめた『トータル・オーディエンス・レポート 2015年 第3四半期版』を発表

テレビやスマホアプリに費やす時間が1時間あれば、資格の勉強もできますし、週末起業として何かを始めるための時間にもなります。 その取り組んだ時間と成果があなたにフィードバックされ、明日のあなたの力になることを忘れないでください。

[スポンサーリンク]

まとめ

時間は私たちに有限のリソースとしてしか与えられていません。 自分の時間を売ること、他人の時間を買うことはできますが、自分の時間を買うことだけは不可能です。

だから、現在の状況に甘んじたくないのであれば、自分の時間の使い方が適正かどうか見直してみることをオススメいたします。

人生80年と言えど、20代でしかできないこと、30代でしかできないことがあります。 若者特有のおしゃれをしたり、脂ののったお肉を食べられるのも若いうちだけです。

時間泥棒とは距離を置き、自分の為の有意義な時間を増やしていきましょう。

広告

広告

関連記事

サムネイル

[無職からの脱出]

無職だけど不労所得で稼ぐ方法

働かずにお金を得る方法は確かにありますが、誰でも簡単に出来るものではありません。 その仕組みを作るまでは、働かなければいけないのです。

サムネイル

[その他コラム]

ポジティブになるとお金持ちになれるのか

お金持ちになるハウツー物では、「お金持ちはポジティブ」と語られるケースが多々あります。 一方、現在のあなたはいかがでしょうか?ご自身はポジティブだと思いますか?ネガティブだと思いますか?

サムネイル

[その他コラム]

本当に現在は働かなくても良い豊かな時代なのか?

確かに現在は豊かな時代で、両親が資産を築いている方もいらっしゃると思います。 ですが、この豊かな時代は未来永劫続くでしょうか?

サムネイル

[その他コラム]

不労所得が人生を豊かにする理由

自身の収入源を労働所得と不労所得のあわせ技にすることで、仕事や家庭における自由度が高まります。 そのあわせ技を使って、働かないことなり、好きな仕事に就くことなり、あなたの目標を目指してみてください。

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- 2015-2018

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。