無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > その他コラム > 無職で友達が減るのはなぜ?

執筆者:Mirai Takebe 運営者に問い合わせる

無職で友達が減るのはなぜ?

無職になると友人が減ることがあるようです。 それは友人に理由がある場合とあなたに理由がある場合があります。

もしあなたが友人に頼りきっていたり、ネガティブな発言を繰り返しているようであれば、友人は離れていくかもしれません。

公開日:2015年07月22日 最終更新日:2016年02月07日 

広告

はじめに

無職になると友達が減るかもしれません。 事実、様々なFAQサイトには、「無職になって友達が減った」というお悩み相談が投稿されています。 無職のあなたは既に経験済みのことかもしれません。

無職がきっかけで友達が減る理由は、友達に理由がある場合とあなたに理由がある場合の2種類が考えられます。 それぞれで主な原因を挙げ、どうすれば良いかを考えてみます。

無職の友達との付き合い方

あなたの友人に無職の友人がいらっしゃるなら、たぶん今までどおりに付き合うのが一番良いと思います。

相手の人柄や性格にもよりますが、特に世間体を気にされる場合には、「無職であることや仕事が無いことを聞かれるのがイヤ」と考える可能性があります。 誰だって、相手にかっこ悪い姿を見せたくないものですから。

自分から「無職だ」と笑うような人には直接心配してあげても良いかもしれませんね。

友達に理由があって離れていく場合

友達の側に原因があって疎遠になる場合には、以下のような理由が考えれます。

「あなたが無職」という世間体を気にする

あなたのご友人が人目や世間を気にするタイプであれば、あなたが無職であるという立場を気にされるはずです。 もしかしたら、ご友人自身はそうでなくとも、友人の家族や恋人がそういうタイプかもしれません。

あなたのお金を負担しなければいけない

友達はあなたが収入がないことを知っています。 例えば昼食時に「あなたの費用を負担する必要がある」と考えているかもしれません。 あなたが金使いの荒い性格であれば、「あなたから金の無心を受けるのではないか?」と考えるでしょう。

あなたにそのつもりが無くとも、友人にはきっと心理的な負担になるはずです。

合理的に考えれば、友人の一人ぐらい減っても、お金があったほうが物質的に豊かな生活を送れます。 あなたがその天秤に負けてしまったら、友達はきっとあなたから離れていくでしょう。

あなたの発言が気に食わない

あなたのご友人が、いわゆる意識の高いタイプや上昇志向の強い人間であれば、あなたの発言を嫌うかもしれません。 毎日、反応に困るようなネガティブな発言をしていたり、実情に合わないほどの大言壮語を繰り返していれば、彼らはきっとあなたの元を去っていきます。

仮にあなたの発言を気にせずとも、意識の高い彼らはより自分にプラスになる人間関係を築こうとしているはずです。 そのため、あなたが魅力的な人間でなければ関係を継続するのは難しいかもしれません。

あなたが離れようとしている場合

無職になって友達が離れていく・・・と思ってて、実はあなたのほうから離れようとしていませんか? 無意識的にそう考えている場合も意外とあるのです。

友達と同じ生活レベルを維持できるか?

あなたは無職、友人は社会人となると、徐々に生活観にずれが出てくるはずです。 ご飯を食べるにしても、あなたは500円のチェーン店で満足するのに対し、友人は1500円の高額な昼食を求めるかもしれません。 最初は友人に合わせることができても、生活費が足りなくなれば生活水準を落とさざるをえません。

その時あなたはどう思うでしょうか? お金を払えないから付き合うのは難しいと考えますか? それとも友人が助けてくれるべきと考えますか?

友達の何気ない行動をどう受け取るか?

何気ない行動をどう受け取るかで友人に対する見方が変わります。 あなたが疑心暗鬼になっている状態です。

例えば、友人が「あなたは無職だからね」と言って笑ったら、どう受け止めるでしょうか? 気心しれた仲でのジョークとしても受け取れますし、一方ではバカにしているようにも受け取れると思います。

もし「自分が××と思われているんじゃないか」と考え出したら、その証拠を探すのはとても簡単です。 友人の何気ない行動も、自分が××と思われている証拠に結び付けてしまうためです。

どうすれば友人の疎遠にならずにすむか

まず、友人の側から離れようとしているなら、これを止める手段はありません。 ご友人にはご友人なりの考えがあり、あなたがそれを変えようとするのは簡単な話ではありません。

一方、あなたが無意識的・意識的に友人から離れようとしているなら、これはなんとかできますよね。

例えば、うまくいかないことを卑下しないことや、将来的に無職からの脱出を成功させることが考えられます。 無職であることを気にする必要はありませんので、それまでどおりに誠実に付き合いましょう。

友達の側だって、無職になって落ち込まれたら、どうすれば良いのかと一緒に悩んでくれると思います。

一つ重要な点として、ネット検索では「無職の友達を助けたい」と検索される方もいらっしゃいます。 前向きに取り組んでいれば、きっと友達は応援してくれる(もしくは手を差し伸べてくれる)はずです。

成功を喜んでくれる友達を大切にしよう

あなたの友達は、あなたの成功を喜んでくれる友達ですか?それともあなたの失敗談を好んで聞きたがるような友達ですか? どちらをより大切にするかと言えば、当然貴方の成功を喜んでくれる友達です。

あなたの成功を喜んでくれる友達は、思わぬタイミングであなたに手を差し伸べてくれるかもしれません。 一方、失敗談を喜ぶ後者の人間はどうでしょうか。 あなたが失敗することを喜ぶのですから、むしろ足を引っ張ろうとするはずです。

たとえ無職で金銭的に苦しくても、成功を喜んでくれる友達との付き合いは意識的に継続することをオススメします。 無理に強がる必要も無く、あなたの悩みを相談してみましょう。 きっと相談に乗ってくれるはずです。

[スポンサーリンク]

まとめ

残酷なようですが、20代も中盤になってくるとかなりの面でお金の有無が効いてきます。 たとえ収入の異なる同士で友人関係を作っていたとしても、あなたが相手に合わせるのは大変なはずです。 同様に、相手からしても少なからずあなたに気を使うはずです。

もちろん、それを超えて交友関係が気づけているのであればそれはそれで良いことだと思います。

なお、「苦しい時なんだから助けてくれてもいいじゃないか」というのはあなたの思い上がりです。 人は、他者の傲慢な態度にはあまり寛容ではありません。

あなただってそうですよね。

時には助けを請うことも必要ですが、それにも相手の理解を得るための「姿勢」というものがあります。 他人は普段のあなたを見ていないようで見ているということを忘れないでください。

広告

広告

関連記事

サムネイル

[その他コラム]

時間泥棒とは距離を置くこと

無職から再就職したいのであれば、時間泥棒との付き合い方を考えないといけません。 テレビ・スマホ・インターネットはその筆頭です。

サムネイル

[その他コラム]

友達が減っていく原因とその対策

私たちは人生で生きる上で疎遠になる友人がいる一方で、新しい環境で新たな友人ができます。 ですが、無職や引きこもりなど、自身が壁を作ってしまうことで、新しい友人を作る機会を失っているかもしれない点にはご注意ください。

サムネイル

[その他コラム]

人付き合いの苦手なあなたへ。彼らは一体何を考えているのか

人の全ての行動には、必ずなんらかの理由があります。あなたが理解できない行動をとる彼らは、彼らなりの考えや意図があってその行動をとっているのです。

サムネイル

[無職になったら]

無職の世間体対策

無職になって辛いのは、自身の生活や将来への不安を抱えるのと同時に、周囲からどのように見られるか、という世間の目です。 特に真面目すぎる方ほど、後者を気にするかもしれませんね。

サムネイル

[無職になったら]

辛いときは「助けて」と言ってみよう

誰かに助けを求めることが出来ないまま、悲しい結末を向けてしまった事例があります。 全ての問題を一人で出来るとは限りませんから、苦しい時、辛いときは誰かに助けてと相談してみてはいかがでしょうか。

サムネイル

[無職からの脱出]

無職・ニートが社会復帰のために知っておくと良いこと

無職なのはあなただけではないこと、そしてあなたを支援する団体も存在することです。 また、社会から孤立するほどに無職期間は長引くと言う統計もあります。 仕事はやめてしまったとしても、友達など家族以外の交友関係は大切にしたほうがよいです。

サムネイル

[引きこもり脱出作戦]

引きこもりをやめるための方策

あなたの人生を決めるのは、両親や周囲のサポーターではなく、あなた自身です。

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- 2015-2018

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。