無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > 無職になったら > 無職でもクレジットカード番号を入手する方法

公開日:2015年09月21日 最終更新日:2015年09月21日 

無職でもクレジットカード番号を入手する方法

クレジットカードを持っていると買い物や支払いで便利なことも多いです。 ですが、無職になってからカードを作ろうとしても、審査で落とされるのが普通です。

そこで以下では、VISAデビットカードとVISAネットプリカをご紹介します。

いずれも先払い形式になりますので、キャッシングやカードローンとしての使い方は出来ません。 ご覧の貴方には興味がない内容かもしれませんので、飛ばしていただいて良いです。

>>【まだ正社員じゃないの?】20代利用者の70%超が正社員になれたニート・フリーター向けのオススメ就職支援サービスを一挙紹介!<<

広告

はじめに

最近は何か購入するときにクレジットカード払いが前提になっているサービスも増えてきました。 特にインターネットでサービスを受ける場合に、クレジットカードを利用すると便利なものが多いように思います。

しかしながら、既に無職になってしまっていると、新規にクレジットカードを作成するのは難しいはず。 そんな時にクレジットカード番号を取得する方法をご紹介します。

無職ではクレジットカードは(たぶん)作れない

既にご存知のとおり、クレジットカードの作成にはクレジットカード会社の審査を受ける必要があります。 審査は、一定の収入があるか、過去にクレジットカードの利用履歴や事故歴があるか、などを基準に行われますので、無職になってからカードを作ろうとしても難しいと思われます。

ネット上の情報によれば、審査の緩いカード会社もいくつか存在していますが、全ての人が審査をパスして発行されるかどうかはわかりません。 確実に番号を入手する下記の方法を利用したほうが楽です。

クレジットカード番号を入手する2つの方法

生活費補填とか、いわゆる自転車操業的にカードを使うのはお勧めできません(し、このサイトでは説明しません)。 しかし、例えば格安スマホの支払いや、ネットショッピングなど、カード番号を持っていると便利なシーンも多いのです。

2015年現在、VISAデビットカードVネットプリカを利用すれば、カード番号を入手することが出来ます。 いずれも先にお金を払う(入金しておく)必要があるため、後払いという心理的な負荷にならないのが特徴です。

VISAデビットカード

りそな銀行やジャパンネット銀行などが発行するVISAデビットカードは、クレジットカードと同じように利用できるキャッシュカードで、16桁のカード番号が割り振られています。 通常、クレジットカードの支払い余力はカード会社に月額が決められていますが、VISAデビットカードの支払い余力はカード使用の口座残高です。 例えば、口座に10万円あれば支払い余力も10万円、5000円ならば余力も5000円です。

筆者は通常のクレジットカードとは別に、ジャパンネット銀行のVISAデビットカードを保有しています。 セブン銀行ATMから入出金できますので、収入に余裕が出た際に入金しておき、書籍を買う際などに利用することが多いです。 また月額料金の引き落としにも登録しています。

ジャパンネット銀行のVISAデビットカードを利用するには、ジャパンネット銀行に口座を開設するだけです。 通常のクレジットカードとは異なり、与信審査はありません。

VISAネットプリカ

VISAのサービスを通じて利用できるプリペイド式カードをVISAネットプリカと言います。 プリペイド式のため、コンビニやネットを通じて先に金額を支払って購入するのが特徴です。

有名な例として、ライフカード株式会社が発行するVプリカがあります。 Vプリカの場合、支払い余力はコンビニで買うならば最大1万円、ネットで買うならば最大3万円になります。 複数のVプリカ番号を利用して、最大10万円まで利用可能です。

発行に審査はありませんが、月額料金の支払い等には利用できない場合がありますので注意してください。 また三井住友VISAプリペイドを除いたVISAネットプリカサービスはカードレスですので、日常の全てのシーンで使えるとは限らない点にも注意が必要です。

まとめ

以上が無職でもクレジットカード番号を入手する方法です。

もし、あなたがちゃんとしたクレジットカードを欲しければ、アルバイトを始めるのが良いです。 カードの与信審査において定収があるかどうか支払いに際して誠実な対応が期待できるかは重要な要素で、たとえ年収が少なくとも、定職についていれば、審査の緩いカードを発行できるからです。 会社に勤めていると、社会での信用も高くなるのです。

なお、会社勤めよりも自営業のほうが審査が厳しいと言われています。 売り上げが毎月変動し固定収入が期待できないことや、実体がなくとも自営業を名乗れるからです。

首都圏で利用できる就職支援サービス。知っていますか?

  • 履歴書の「空白期間」があるから就職なんてできない
  • 自分に合っている仕事がどんなものかわからない
  • 働いてみたいけど、スキルがないから無理だろうな・・・

あなたがそう考えているなら、「若者正社員チャレンジ」を試してみてはいかがでしょうか。

若者正社員チャレンジは東京で約20日間の実習を行ってから、正社員採用に応募できる画期的なサービス。

  • 面接前に実習を行うので、仕事の内容がわかります
  • 履歴書の「空白期間」があっても、実習で頑張れば面接のアピール材料になります
  • スキルが無くても、実習先の先輩社員が丁寧に指導してくれます

東京で正社員になりたいなら、一度「若者正社員チャレンジ」をチェックしてみて!

若者正社員チャレンジの紹介記事を見る


学びながら最大10万円支給!若者正社員チャレンジ事業

広告

広告

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- since 2015

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。