無職対策まにゅある -若年無業者のための再就職支援サイト-

無職対策まにゅあるトップ > 無職になったら > 無職生活でお金が欲しい。どうすれば?

無職生活でお金が欲しい。どうすれば?

今すぐお金が欲しければ、短期や日雇いのアルバイトを行うのが現実的です。 例えば、日雇いのバイトってどう?みんなの体験談聞いてみた短期バイトを始めるにはどうすればいいの?あたりが役立つと思います。

働きたくないけど、お金が欲しいという悩みは、99%の人間にとっては叶わない願いです。 あなたがこのページをご覧だということは、その99%側なのでしょう。

聞いたことがあるかもしれませんが、お金とは「信用」です。 特別な例を除けば、お金は他者を通じて自分の手元に渡ってきます。

不労所得なりなんなりを目指すにしても、最初はお金が必要なのです。

公開日:2015年11月24日 最終更新日:2016年06月15日 

>>【まだ正社員じゃないの?】20代利用者の70%超が正社員になれたニート・フリーター向けのオススメ就職支援サービスを一挙紹介!<<

広告

はじめに

無職でお金が欲しいというキーワードに引っかかっていたため、それをテーマに記事を書いてみます。

最初に結論から書いてしまうと、何もせずにお金が手に入ることはありません。 現実的な方策としては、結局バイトをして収入を得るしかありません

でも、その前にちょっとお金のことについて考えてみませんか?

お金は「信用」である

私たちは、手元や銀行にあるお金の残高ばかりに目が行ってしまいます。 自分の手元にお金がないことを苦しく思い、他人の懐が潤っているのをみて、「なんで自分ばっかり」と思うこともあるはずです。

と書くと、なんだかお金に振り回されているような感じもしますね。

ところで、お金には通貨としての機能以外に、いくつかの役割があります。 それはなんだと思いますか?

例えば、交換ツールとしての役割。

例えば、精神安定剤としての役割。

そして、信用としての役割です。 お金のことを英語でクレジットと呼ぶこともありますが、Creditの元の意味は「信用」や「信頼」です。 クレジットカードなんか、まさにその名の通りですよね。

信用としての役割からお金を見た場合、忘れてはいけないことが1つあります。 投機的な手法を除けば、お金は人の手を通じて渡ってくるということです。

例えば、労働の対価だったり謝礼金だったり。 投資や投機は1人で稼いでいるようなイメージですが、少なくとも投資(株式投資や債券投資)は、相手を信用しあうことでお金を融通しあうための制度です。

つまり、収入や手元にあるお金の量は信用の残高です。 年収の高い方ほど、企業や組織から高い信用を集めていると考えることができます

この話題は、泉正人氏の著書「富者の遺言」でも見ることができます。

君にお金を運んできてくれるのは、絶対に自分以外の他人なんだよ。

富者の遺言

同書は、事業に失敗しお金を失った元銀行員の男性と、見知らぬ老人との物語です。 物語の進展とともにこの老人の素性がわかるのですが、その過程でお金に関するいくつかの重要な事実を提示していきます。 「お金を運んでくるのは他者」というのもその1つです。

自分以外の他人がお金を運んでくる、この事実を忘れてはいけません。

貧乏になるのはなぜか

ところで、人はなぜ貧乏になるのか、疑問に思ったことはありませんか。 身体的な問題で働けないなどの事情もありますが、貧乏になる人にはあるいくつかの共通点が指摘されていることをご紹介します。

筆者はさまざまな「お金持ち本」を読みましたが、多くの本の中でお金がない人ほど他者を疑い、信用の構築よりも投機にお金を投ずるなどの指摘がされていることの気づきました。 お金持ち本の全てが成功者の姿を正確に反映しているかはともかく、少なくとも複数の書籍、複数の著者が同じ事を指摘しているなら、そこには何か重要な意味があると考えたほうが良いと筆者は考えています。

そのような指摘は、お金持ち本に限った話ではありません。 ウェブ上の著名なメディアにおいても、似たような指摘があるのです。

  • 貧乏人は博打を好む
  • 貧乏人は本を読まない
  • 貧乏人は喧嘩(口論や不要な人間関係の緊張化も含む)を好む

貧乏から脱出する方法 | 無限の地平はみな底辺

加えて、マーケティングの世界にも似たような話があります。

あまりに安売りをするとクレームやめんどくさい客が増えると言われています。 たしかに筆者のバイト経験でも、唐突に騒ぎ立てて帰っていくような客を目にしたことがあります。

そのような客を排除する簡単な方法は値段を上げること。 つまり安さを求めてやってくる客を排除することです。 顧客のターゲットをよりお金を持っている層にシフトする、ということですね。 商品としての信用が求めらる一方で、売り手が客を選ぶことで商売も不思議とうまく行くのだそうです。

お金はその人を映す鏡である

ところで富者の遺言では、お金を運んでくるのは他者以外にも「お金はその人を映す鏡である」と説きます。

お金の使い方を見れば、その人の行動、ライフスタイル、趣味趣向が、全てわかります。 ためしに自分が使ったお金のレシートを1ヶ月分集めて、誰かに見せてみてはどうでしょう。 あなたの食生活、行動範囲、趣味、性格までもがほとんど筒抜けになるはずです。

富者の遺言

あなたの場合はどうでしょうか?

収入が少なく、生活が苦しいといいつつ、自分へのご褒美やストレス解消に大きな出費することはよくある話です。 現在の収入に似合わない、過大な出費をしていないでしょうか。

お金を得る方法

ここまでの要点を示します。

  • お金は信用であり他人の手を通じて渡ってくる
  • 貧乏人は他者との信用構築よりも投機にお金を投ずる
  • お金はその人を映す鏡である

これらを踏まえ、お金を得ることを考えます。

さて、お金が欲しいと思ったときに、あなたが現在どのくらいのお金を持っているかによって対策は変わってきます

ある程度お金があるのであれば、バイトなどを通じて働くと同時に、自分への投資を行い、将来への信頼構築へ努めるのが最善と筆者は考えます。 一方、明日にもインフラが止まる、というような緊急的な状況であれば、臨時特例つなぎ資金貸付制度生活福祉資金貸付制度などの公的支援を頼るのが最善です。

うつなどの病気を理由にそもそも働けないのであれば、生活保護や障害年金の受給などを検討してください。 その場合は、公的機関のケースワーカーや市役所の生活支援業務を行う窓口などを訪ねてみてください。

他人にお金を無心することはあなたの信用を低減することに繋がります。 また、投機への出費はお金をドブに捨てるようなものです。

手元のお金を増やすためには、収入を多くして出費を減らすことが原則です。 苦しいでしょうが、自分へのご褒美は止めるのが良いです。

そして、「お金が欲しい」とインスタントな手法を探すよりも、自身の生活を直視し、如何に再建するかに注力したほうが良いと筆者は考えます。

まとめ

途中で紹介した富者の遺言では、このような言葉も掲載されています。

人にはそれぞれ自分が扱えるお金のサイズがある

富者の遺言

投機などで大金を手にした人や華やかだったスポーツ選手の一部は、その後没落し、苦しい生活を送っている(もしくは破産する)ことが良く知られています。 お金を手にしても、その適切な使い方を知らないと、その栄華は一時的なものにしかならないのです。

結局は、地道で確実な道を歩んでいくのが良いようです。


日払い即金が嬉しい!短期バイト大量掲載

首都圏で利用できる就職支援サービス。知っていますか?

  • 履歴書の「空白期間」があるから就職なんてできない
  • 自分に合っている仕事がどんなものかわからない
  • 働いてみたいけど、スキルがないから無理だろうな・・・

あなたがそう考えているなら、「若者正社員チャレンジ」を試してみてはいかがでしょうか。

若者正社員チャレンジは東京で約20日間の実習を行ってから、正社員採用に応募できる画期的なサービス。

  • 面接前に実習を行うので、仕事の内容がわかります
  • 履歴書の「空白期間」があっても、実習で頑張れば面接のアピール材料になります
  • スキルが無くても、実習先の先輩社員が丁寧に指導してくれます

東京で正社員になりたいなら、一度「若者正社員チャレンジ」をチェックしてみて!

若者正社員チャレンジの紹介記事を見る


学びながら最大10万円支給!若者正社員チャレンジ事業

広告

広告

copyright (C) 無職対策まにゅある -若年無業者の再就職支援サイト- since 2015

文章の転載を禁じます。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。